今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
見本誌いろいろ
2009年 04月 12日 |
 今日は実家の母がやってくるはずだったのですが、いきなりキャンセルくらいました。原因は父の我が儘。あんの親父ーっ! 切羽詰まって片付け始める前だったら、むしろ感謝したかもしれないのに!(そこかよ)

 なんか気ぃ抜けてたところへ、徳間書店さんからお荷物が届きました。
 今度発売の新書の見本誌です。ひゃっほー!
 わあ、本当に新書だよ! いつもより判型でっかいよ! カバーの感じとかもずいぶん違うよ!とひとしきりはしゃいだあと、せっせとサインしてハンコつきました。
 そうです。啓文堂府中店さまにサイン本をまた置いていただけることになったのです。本当は文庫と新書ではいろいろシステムが違ってて、いつも通りにお願いすることが難しいのですが、府中店さん、すごく頑張って下さったみたいで……ありがとうございます。POPは担当格闘司書嬢のお手製です。今回はPOPも府中店さんだけだそうです。お近くの方は是非、お越し下さいね。
 あと、サイン本なんですが、ありがたいことに発売日当日早くにはなくなってしまう様子でして。今回はちょっと値段もお高めなので、この限りではないかもしれないですが……もしも、手に入れたいという方はちょいお早めにお出かけいただいた方がいいかもしれないです。お手数おかけします。

 それと、ホビージャパンさんが「日本上空いらっしゃいませ」台湾版の見本誌を送って下さいました。あちらではラノベって文庫ではなくてA5版なんですね。すっごい新鮮でした。タスクオーナさんの表紙がでっかくて嬉しい限り。
 中をパラパラ拝見しましたところ、人物の名前が出てくるたびに「これは野球のイチローと同じ音」「これはサッカーの中山雅史と同じ音」という注釈があって、申し訳ない気持ちになりました。十二単とか横浜赤レンガとかにも注釈ついてて、これはまあ仕方がないのでしょうけれども、上つ國の連中の名前いちいち注釈しないとなんないわけで……訳して下さったのは、陳詩函(本当はさんずいに函という字)さんだそうです。、ホントお手間おかけしました。
 あと、お詫びなのですが……台湾版「日本上空いらっしゃいませ」用に、特別あとがきを書き下ろしたのですが、これが何故か抜けていました。わたくしと担当さんだけのやりとりではなく、間にたくさんの人が入っているので、きっとその途中のどっかで落っこちてしまったものと思われます。
 台湾のお客様でこのサイトをご覧の方、本当に申し訳ございませんでした。原稿はとっておいてありますので、もしも、ご覧になりたいという方がいらっしゃいましたら、メールを下さいませ。それにて返信いたします。ただし、わたくしは中国語・台湾語は「こんにちは」「ごめんなさい」「ありがとう」「これいくら?」「痛い」「困った」だけでなんとか乗り切ってきた人間ですので、日本語でのやりとりが出来る方に限りますが……
[PR]
by shio_diary | 2009-04-12 23:17 | ごちゃまぜ |
<< マダムたちの戦場 頁とっぷ 大事なこと >>