今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
魔都京都で右往左往
2009年 04月 28日 |
 4/25~4/26の二日間、京都にいってきました。
 磐田さんの試合を見るためと、小野篁さんにいろいろ謝り倒すためです(親戚のおっちゃん相手みたいに言うな)。
 初日はいつも京都ナビしてくれる友人が不在だったため、自力であちこち移動して京都の魔都っぷりに翻弄され申した。

・バス停トラップ
 大雨の京都について蹴鞠神社に詣でてすぐ、今度は小野さんのお墓へ。
 「島津製作所の敷地内にあるのは調べがついてんだよ!」とバスでいこうと目論んだのですが、これがアンタもう……
 三人ぐらいの人を捕まえてバス停の位置を訊ねたところ、最初のお一人はでんでん違う停留所を案内して下さり、次の人は逆方向の停留所を、最後の人がよーやく正しい停留所を教えて下さいました。
 無事にお参りをすませて、次の目的地へ向かおうとしたら、道を挟んで向かい同士のバス停がそれぞれ全然違う方面行きというミラクルっぷりを発揮。またも、自分の乗りたいバス停求めて雨の中をウロウロしたのでございます……翌日、六道珍皇寺にいったときは友達につれてってもらったから迷わなかったよ!

・恐るべき散財都市
 四条の橋を渡って1、2ブロックほど河原町抜けて、途中裏道入って100メートルほど戻って……という、それっぽちの道のりの間に財布の中身が半分以下になってた……っ! 欲しいもんありすぎですよ、京都!
 とあるモダンな着物屋さんで二つの鳥の帯留めを前にどちらを購入しようか悩んで一つだけ買い求めたのですが、磐田さんが勝ったので翌日、もう一つも買いました。縁起がいいから! 
 あと、前々から欲しかったSOUSOUの地下足袋とか、がまぐちとか、RARKのてぬぐいショールなんて全種類買い占めたいぐらいでしたよっ。こええ。夏にうっかりこようもんなら、金魚柄洪水でちょう財政赤字必須です。

・人生初・京都御所潜入!
 ふつう、関東に生まれて育った人間ならば京都御所はまずいったことがあるはずです。修学旅行の定番コースですからね。しかし、わたくしはアバンギャルドな母校のマニアックなチョイスのため、なんと修学旅行は京都ではなかったのでございます。
 その後、何度もいこうとはしたのですが、たいていは同行者に「いろいろ予約とかしないとならなくて面倒」とかいって拒否られ、一度も行けた試しもなく……しかし、なんと今回春の特別展示期間だったのですよ! 尻尾振っていってきましたよ! 
 雨天のためか人混みもそれなり。比較的のんびりぐるっと回ることができました。
 中でも素敵だったのは、皐や躑躅の植えられたお庭。真っ赤な花がまるで紅葉のように美しく、黒くシックな四阿や雨に濡れる新緑と相まって実に素晴らしい眺めでした。
 紫宸殿とか清涼殿とか、馴染みの名称もボコボコ出てきて、「おお、ここであの女御があんなことやこんなことを!」とか「あの歌人はどこに立ってあの歌を詠んだのかしら」とか、とっても楽しかった!
 次の機会があるなら、オペラグラス持ってそれぞれの襖絵などをもっとじっくり拝見したいものでございます。あと、御所内でしか売ってないという鶴屋吉信の菊紋まんじゅう買っちゃった~

・体重が今日もピンチ
 いちにち二万歩も歩いたのですが、体重増加。
 美味しいものがありすぎですよ。特に、知り合いのサンガサポさんに連れて行ってもらった居酒屋で出てきたタケノコの天ぷらはヤバすぎでした。いままで自分が食べてきたものはいったいなんだったの!?と思うぐらい。甘くて柔らかくてサイコー。
 寒さのあまりに転がりこんだ豆乳鍋屋さんもおいしゅうございました。お気に入りのお店が新たに出店していた売店のロールケーキもおいしゅうございました。紅茶のロイヤルミルクティと信じ込んで飲んだら番茶だったという、はっちゃけたミルクティもおいしゅうございました。友人につれていってもらった超有名和菓子屋さんのお菓子と煎茶もおいしゅうございました……痩せられんわ。これじゃ。
[PR]
by shio_diary | 2009-04-28 01:22 | 業務連絡 |
<< 広すぎてレイクタウン 頁とっぷ ちょっと気を抜いたら >>