今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
蛍の夕べ
2009年 06月 23日 |
 某作家さんに誘われて、フォーシーズンズホテルでお茶してきました。
 ここは旧山県有朋邸。
 明治の元勲があれこれと趣味に走って作り上げたお庭を、藤田観光の創業者が更に輪をかけてあれこれと頑張って作ったホテルです。
 ちょっとアクセスの悪い立地なのですが、その分、広大で立派。いま、夜になると蛍が飛ぶのが見られるっちゅー催し開催中でして、のんびりまったりアフタヌーンティーを楽しんだあと、美しい日本庭園をゆるゆると散策。蛍が舞う様を拝んできたです。

 最初はなかなか蛍が本気出さず&動かず、「あれ、ホントに蛍かいな」「実は藪に豆電球仕込んでるのと違うか?」とかみなさん口々に言ってる有様でございましたが、日が暮れるに従って蛍もやる気になってきたらしく、小川の上や梢の合間を飛ぶ様を見ることができました。数にすると、たぶんまだ10匹とかそんな程度なのでしょうが、それでも十分に幻想的な光景。都会育ちで蛍なんかろくにお目にかかったことのないわたくし的には、もう大満足でございました。あの、白とも青ともつかぬ儚い光が、人の心を掴むのですねえ。

 同業者ならではのお喋りもできて、けっこういいガス抜きになりました。いろいろな出版社のお話を聞くだに、自分は本当に編集さんに恵まれてきたと思うので、感謝して精一杯頑張らなきゃいかんですよなー。
 あと、幅広の名古屋帯すると肋間神経痛に響くことが判って、ちとショック。もしかすると、和装ブラの方に問題があるのかもしれませんが……いろいろ研究してみないと。
[PR]
by shio_diary | 2009-06-23 03:48 | 日記 |
<< 突然、ベランダ園芸水鉢派 頁とっぷ 燃えろ、園芸魂! >>