今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
ベランダ園芸水鉢派・黎明篇
2009年 06月 30日 |
 続報をお待ちの全国一千万水鉢園芸ファンの皆様、こんにちは。
 いや、もしかしてタスクオーナさんだけかもしんないですが(メールありがとうございました!)、とりあえず、その後のお話しでございます。f0129875_12552841.jpg
 例の水鉢をセットアップしてから、ようやく一週間。
 バケツ暮らしを強いられたメダカのみなさんに新居にご転居いただきました。メダカはけっこう強靱かつアバウトな魚らしいのですが、それでも、水質の急激な変化……特に、ph値が大幅に変わってしまうとショック死することもままあるんだとか。なので、バケツの中の水を少しずつ捨て、代わりに水鉢の中から水を少しずつ移すということを繰り返して、新しい環境に馴れてもらいました(これを水合わせと言うそうです)。

 で、数時間後、なんとか引っ越し完了!
 みなさん気持ちよさそうに泳いでおられます(た、たぶん)。 f0129875_12561786.jpg(写真の中央、埋め込んであるのは素焼きの空鉢。メダカの遊び場兼万が一わたくしが不在のときに干上がっちゃった際の緊急避難場です。左の緑がウォーターバコパ、右のもじゃもじゃはホテイアオイの根っこ)。

 ただあれだ、この水鉢の中、いまのところたまーにユスリカの幼虫がふにょふにょしてるだけで、ボウフラとかはまだわいていないよう。バケツ暮らしのときは朝夕餌あげてましたが、今後はどーなの? ものの本によると餌をあげると自然にわいてきた諸々を食べなくなるとあるので、やはり自力調達で頑張ってもらうべき?と悩んでいたら、大学時代からの親しい友人が実はベランダでメダカと睡蓮育てている人だったことが判明。彼女にいろいろと教わりました。
 「ボウフラは汚い淀んだ水が好きなので、起ち上げたばかりの水鉢には沸かない、しばらくはメダカに餌あげた方がいい」とのこと。ただ、いままであげてた餌は、水に浮いてる時間が短く、かなり気をつけていても鉢底に落っこちていっちゃうので、浮いてる時間の長い餌を探してくることにします……バケツならスポイトで落ちた餌回収できたけれど、砂利だとどこに落ちたかすらよく見えんー。

 あと、簾買ってきて「午前中はナイス日当たり。けれど午後は陰る」という状況を作り上げました。その分、植物的には好環境なのか、早々に苔が生えてきました。
 苔を積極的に食べてくれる、エビかタニシか石巻き貝の投入を急いだ方がよい模様。けど、エビは水合わせがものっそい大変、タニシは越冬できず、石巻き貝は一度ひっくり返ったら自力で起きあがれずそのままはかなくなってしまうため鉢の中でけっして見失ってはならないと、それぞれ一長一短があるそうで……「ううむ、どうしよう」とこれも悩んでたら、彼女曰く、「タニシや貝類は蓋のない容器からは脱走する」と。マジで!? ひっくり返ったら最後死んじゃうって生き物のくせに、なんてチャレンジシブルなの!?
 彼女の家で爆殖しているエビを分けてもらえることになったので、それまでに点滴式水合わせの道具を用意して待つことにいたします。雨天と曇り空続きだし、だ、大丈夫ですよな?? 突然、水の中真緑になったりしないですよね?
[PR]
by shio_diary | 2009-06-30 12:52 | 日記 |
<< 発売日ですよ 頁とっぷ もうすぐ発売! >>