今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
今日も普通に生きてます
2009年 09月 16日 |
・続きはWebで!
 例のMRI検査結果を聞きに、横浜に戻ってました。「電話じゃダメでしょうか?」と訊ねたところ、「いちおう院長からお話があるということなので」とナースさんに言われて「そ、それって告知予告っ?」と震え上がったのですが……
 「病名は腺繊維線腫。悪性じゃないよー」
 と、さらっと言われて脱力しました。更に脱力したのは、
 「まあ、どういうものかはネットで調べてみて」と付け足されたっつー。ちょっとぉぉぉ、ドクター!? わたくし二時間かけて通院したんスけどぉぉぉぉ!?
 「てことは、この痛いのはやはり肋間神経痛なんでしょうか?」と食い下がってみましたところ、「あー、なんか原因不明の痛みの場合、それ言っとけって感じなんだよね」と、もっと脱力な御言葉を賜りました。
 よたよたしながら戻ってきて調べたところ、腺繊維線腫つーのはおっぱいの中にできる腫瘍だけれど、良性。悪性になる可能性も低いとのことでした。よかった……ヘタすりゃ遺作書き始めないとなんないとこだった……!
 し、しかしアレだ、原因不明=治療方法不明ってことじゃないスか。どーすんだよー!(泣)

・レイクタウンにいってみた。チャリで。 
 ここのところ天気がいいので、日頃は電車で出かけているレイクタウンに愛チャリでいってみました。マップファンちゃんが言うことには、仕事場からかの場所までの距離は8キロかそこら。埼玉スタジアムにいくのとどっこいどっこいな感じです。
 「楽勝楽勝~」と思って出かけたのですけれど、途中で道を間違えて倉庫街と市場をちょう迂回するハメになり、しかも、造成中のだだっ広い土地の中はまだ道が出来ておらず、「見えてるのに辿り着けない」+遮るものが何もないから向かい風をモロに受けるという残念な状況に。 
 けど、いつもは建物の中から遠く眺めるだけの池に、綺麗な蓮や黄色や白の珍しい曼珠沙華が咲いてたり、もう鴨の親子が仲良く泳いでたりするのを見つけることができました。
 帰りは追い風だったのと、最寄り駅のタワーマンション目指して市街地をちょこちょこ通り抜けられたので、30分かそこらしかかからなかったです。馴れれば行きのタイムも大幅に縮小できるとみました。風の弱い日に、またチャレンジしてみたいです。

・三ツ星4巻とかサイン本とか
 エンターブレインさんのプレゼント企画のため、三冊にサインをしました。既に大場さんのサインがしてある本に自分が後からサインをするって寸法だったため、失敗は許されません。すんごい気合いを入れて判子押したのですが、一冊だけしくじったです……ご、ごめんなさい……。しかし、ご応募があって本当によかったです。ああいう企画が行われる度、「誰も自分のは欲しがってくれなかったらどうしようー」とすっごい苛まれますですよ。応募して下さったみなさま、本当にありがとうございます。
 あと、4巻のプロットが通りました。
 ようやく「パソコンは一日三時間まで」とお医者様から許可が出たので、ぐりぐり手で下書きor調子のいいときはポメってGO☆→集中し短時間でパソコン清書という昔ながらの戦法で頑張ります。古い犬のせいか、手書きで最初ある程度書き殴った方が筆が進むようなのでこれで大丈夫でしょう。

・そして誰もいなくなった……
 最後の一匹だったメダカが☆となられました。
 その一週間後、寂しさに耐えかねて他の子たちを足したところ……その三日後の朝、水鉢みたら一匹を除いてみなさん儚くなっておられます。水面にはいまだかつて見たことのない、お鍋の時に出てくる灰汁みたいな泡がたくさん。
 「えっ、ちょ、ええええ!?」と生き残った一匹をバケツに移し、魚の健康によいと言われる塩をちみっと入れましたところ……なんかこうね、挙動不審な動きをした挙げ句、動かなくなっ、ちゃ……た……。
 原因ですが、昼間の水温が29度、夜の水温が15度という極端な寒暖差のある日だったためターンオーバー現象っちゅーのが起きたのではないかということでした。
 そして、最後の一匹さまはおそらくわたくしが塩の分量を間違え殺し……うううう(泣) なんかもうホントにいろいろごめんなさい。
 幸か不幸か、エビちゃん軍団とラムズホーンたんたちは絶好調です。特に、ラムたんはたった一匹しかいなかったくせに、ある日突然大量に稚貝を産んでえらいことになってるぐらいです。ピンクのカタツムリっぽいヒトがいっぱいです。これからは屋外飼育最大の難敵ボウフラが減る一方の季節、メダカがいないと水鉢の平和が守れないというわけでもないと思うので、しばらくはエビちゃんたちと共に生きていこうと思います……

・映画「BALLAD 名もなき恋の歌 」見てきました
 俺たちの筒井道隆氏が、あの「クレヨンしんちゃん」のヒロシ役ということで、公開直後に見てきました。と言っても、わたくしは「クレしん」はまったくと言っていいほど未読・未見なのでございますが。
 詳しく書くとネタバレになるので控えつつ、以下どうでもいい感じの感想。
 ・合戦シーンがすごいリアル。攻撃手順とか小道具とか、地道ぃな感じがよく出てました。鉄砲の数は演出でしょうけれども。
 ・「岩槻とか下総とかリアル地名が出てくるのに、どうして春日部だけが春日って架空の地名なのー」と春日部のために憤慨していたのですが(同じ沿線のよしみで)、ラスト近くになってようやく気がつく……春日部には山城建てられる場所なんてないさ真っ平らさ!
・俺たちの筒井氏見せ場多かった! 嬉しかった!
・主人公のシンちゃん、すごい演技巧者でした。ちょっと生意気で弱虫でって感じがよく出てましたよー。
・ガッキーはマジ綺麗ですなー。「整った」というのがぴったりなお顔立ち。
・草彅さんの武者役ってどうなんだろうと思ってましたが、かっこよかったです。
・ヒロシ(映画の中ではアキラさんでした)の車がトヨタのランドクルーザーで、ホントによかったね……あれ、ミラとかタントとかマーチとかだったら最後たいへんなことになったよね……!
[PR]
by shio_diary | 2009-09-16 22:25 | ごちゃまぜ |
<< お城にお呼ばれしてきましたよ 頁とっぷ 9月ですよ >>