今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
改めて、薔薇十字叢書について
2015年 08月 31日 |
 八月末までにって仕事や取材が猛烈に立て込んでいて、はしゃぎたい時にはしゃぎ切れなくてタイミング難しいわーとなっております、佐々原でございます。

 そのとってもはしゃぎたかった最たる原因がこれです。8/28に情報解禁になった京極夏彦先生の「百鬼夜行」シェアワールド小説企画「薔薇十字叢書」に、拙作も加えていただけることになりました!
 タイトルは「ジュリエット・ゲェム」。京極堂氏の妹、中禅寺敦子ちゃんが主人公のお話です。

 1994年、「すごい小説読んだ!!」と何度も何度も読みふけり、ここ数年は「鵼、ぬえ、ヌエェェェ」と言い続けていた作品のお話が書ける日がくるとは。人生、ホント何があるか判りません。
 94年つーたら、自分、まだデビューしてないし、Jリーグは一周年だし、フリューゲルスは存在していたし、「あれ、もしかしたら世紀末で地球滅びんの??」て思っていた人もホントにいたんですよ、奥さん!!
 そんな作品のお話をわたくしが書いて、少女漫画家・すがはら竜さまの美麗なイラストをつけていただいて、しかもあのホワイトハートから刊行されるという。自分が一番驚いております。
 発売は10/1。また近くなったらわあわあ騒ぐと思いますが……とり急ぎ皆様よろしくお願い申し上げます!
[PR]
by shio_diary | 2015-08-31 21:26 | 業務連絡 |
<< 薔薇十字叢書、開幕です 頁とっぷ 先生は磐田好き過ぎてあたまおか... >>