今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
帰ってきたツバメ防衛軍
2007年 04月 06日 |
 朝日の差し込む仕事部屋、「うー、そろそろ寝るかな。目ぇしばしばしてきた……」とアンニュイに過ごしておりましたところ、外から懐かしいあの声が。

  「ウキュウキュチュギッギュー」(そう聞こえる)(「虫食って土食って渋いぃ~」は無理じゃろ……)
 はっとして窓に飛びつくと、なんとそこには懐かしのツバメ夫婦の姿が……! 
 イャッフー! 本日を以てツバメ防衛軍(総員一名)2007、結 ・成!

 それにしても、今年はずいぶんと早いですねえ、暖冬のせいかしら?
 ものすごく嬉しいのですが、彼らの巣はわたくしのメゾネットの玄関ではなくお隣さんちの目の前(軒は思いっきり繋がってるんですが)。
 つい先月までそこに暮らしてらしたのは単身赴任のおとーさんで、「あのー、ツバメを守るために蛇避けつけたいんですが、いいすか?」「ちょっと匂いがアレなんですけど、木酢液振りまいていいすか? もちろん、あとで掃除は私がします」と何を聞いても、「いいっすいいっす」と極めて鷹揚に構えて下さいました(お互い生活時間が違い過ぎるので、玄関文通状態ででしたが)。

 しかし、そんな彼も桜と共に彼は去り、現在、お隣は空き家。
 ここ数日、掃除とか畳の業者の人らしい人影が出入りしてるので、間もなく誰かが入居してきそうな案配です。
 どどど、どうしよう。
 次に越してくる人が神経質な人だったり、動物嫌いだったりしたら。あと、巣を作ってる最中に人間がやたらどったんばったんしてると、「なんか落ち着かないから、よそいこう」とかいって燕がどっかいってしまうってパターンもあるそうで。
 ああ、次に越してくる方が前のおとーさん並に鷹揚な人でありますように。そんでもってできれば、卵が孵ってちょっと落ち着いた頃ぐらいに引っ越ししてきてくれますようにー。
[PR]
by shio_diary | 2007-04-06 09:22 | 日記 |
<< ちゃんと自我あるよ 頁とっぷ 目覚めれば別世界 >>