今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
岐阜にいってきました
2007年 09月 12日 |
 9/8~9、岐阜へ旅行してきました。
 大学時代、ゼミも一緒でクラブも一緒だった友人が入院してしまったので、そのお見舞いに。

 その人は犬さんちのサポで、ここんところはスタジアムで年に一度会うぐらい。それがいきなり、「脳卒中で倒れた~。いま故郷の岐阜でリハビリ中~」という一報が入ってすんげー驚きました。我々の年代でも生活習慣がアレな感じだとなるんですなあ、脳卒中……しかし、話を聞くだに彼の生活習慣と自分の生活習慣にさほど差はなく……明日は我が身かもしれませんなあ、うう。自炊してるってとこしか違いがなかったですたい。
 「三週間も意識が戻らなかった」とかいう割に、ご本人は思ったよりも元気そうでしたが……一日も早く完治して、またスタジアムとか海辺のお祭りとかに戻ってきてくれますよう。

 以下、それ以外のことを、簡単に。

食の充実した旅を満喫。
 飛騨牛、鮎、和食懐石、ひつまぶしといろいろ食ってました。入浴後にふと体重計に乗り、「たいへんだ、この宿の浴衣、1.5キロもある!」と思わず叫び、同行者に、「現実から目を逸らすな、増えたのはおまえのミだ」と冷静に突っ込まれました、うう(泣)。

・不思議体験・まっぱでエレベーター
 泊まったお宿は、普通の大浴場と露天風呂が違うフロアにあるという造りで、その間にエレベーターが設えられています。「おそらくこの先何年生きても、真っ裸でエレベーターに乗るこたあるまいよ……」と、しみじみ。しかし、中にいるとき地震が起こったらと思うと恐ろしくてなりませんよ。

何故か鵜飼い漁を二度も見ました。
見学屋形船は既に満席で、「鵜飼いの里」とかのある方の岸辺で見学を試みたのですが、位置取り失敗。「ちっ、対岸の方がよかったわっ」と二回目はそちらで張っていたという。漁を終えて寛ぐ鵜をかぶりつきで見ましたよ! 前出の入院患者な彼@地元民には、「……それで面白いもんなの?」と不思議がられましたよ! いーじゃねえかよ、間近で見たかったんだよ、鵜!

・岐阜城から濃尾平野を臨む
  ドラマ「功名が辻」が好きだったので、はりきって登りました。「あの頃は稲葉山って言ってたんだよねー、ふふ」とかキモチワルイ思い出し笑いなどして。もんのすごい切り立った山で、あんなとこで戦争した人は本当にお疲れ様なことです。
 まったいらな関東平野育ちからすると、あっちこちにポコポコ大小のお山が顔出す濃尾平野は、なんだか不思議な眺めでした。
 可愛い栗鼠に餌もやりました。知らなかったけど、栗鼠って頭逆さまにして壁にへばりついた姿勢でも寝られるんだね……。

・お家に戻るまでが旅行です
 「名古屋で途中下車してひつまぶし食おうぜー」「手羽先も買っちゃおうぜー」という食い意地が裏目に出て、帰りの新幹線の中に150分余も閉じこめられましたーっ! わたくしたちが乗車して30分ちょっと後に名古屋-米原間がもんのすごい集中豪雨に襲われたそうな……。「9時には東京ついて解散」という目論見は霧散、結局、地元在来線は終電2本前つー有り様でした。

 けど、久々にのんびりと過ごせた楽しい旅行でしたよ!
[PR]
by shio_diary | 2007-09-12 00:14 | 日記 |
<< 三日外出すると二日寝込む 頁とっぷ なんやかやと >>