今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
みんなの質問に淡々と答えるよ・2
2007年 10月 13日 |
 えーと、こういうことやり馴れてないので、前回は「どこそこにお住まいの」「○さん」とか表記しましたが、もしかして明らかに本名ではないと思しきハンドルならばバラしてええんでしょうか? ダメなお方は一言書き添えていいただけると嬉しいです。

では、さっそくマヨラさんからのご質問です。
「暴風」の作中で圭吾と秋山がタメ語で喧嘩してましたが、圭吾の方が1つ年下では?(公式サイトで圭吾が1年、作中で秋山が2年とあったので) あと、タイプが違うこのふたりが何故友達なのかも知りたいですー」
 実は、公式サイトの五十嵐圭吾の年齢が間違ってました(現在は訂正されています)。
 というのも、わたくしが原稿前にマルルーちゃんにキャラ表を渡したときは二人とも1年だったのですが、実際に原稿を書く段になって、「ちょっと待て、日本じゃ高校生男子ラクロスの経験者がほとんどいないってこた、大学1年の4,5月の段階ではみんな男の子はド初心者なんじゃん! なのに、こんなに態度大きい人ってどうなの!?」と、慌てて秋山博巳の学年を変更しました。で、圭吾の方は作中で特に学年を表記しなかったため、マルルーちゃんはずっと「博巳は2年に変更されたが、圭吾は1年のまま」と思いこんでたつーわけです。つまり、またもわたくしのミスです。ごめんなさい……ちなみに、あの二人は家が近くで小・中学が同じなのです。高校は別々で、大学進学したら「なんか、コイツまたいた」って感じ。って書いてる最中に、「圭吾だけ浪人しちゃったんだ!」と言い張ればよかったんだと気が付きました。俺様グダグダです。

次に関東にお住まいのAさんからのご質問です。
「どうして啓文堂でしかサイン本とかPOPとかないんですか? うちの近くの文教堂でもやって下さい」
 け、啓文堂さんちしかかまってくれないから……っ。
 しかし、ご要望とあらばたとえ文教堂さん200店舗余に全部手書きで入れろと言われてもわたくし頑張ります! 頑張りますので、販促担当の方はご連絡下さいませ。文教堂に限らず、どんな本屋さんでも大歓迎ですよ! 業界一現場営業する作家になりますよ! 

あと、これはご質問ではなくて、北海道在住のハムさまから衝撃の事実をうかがいました!
「ジェニファーさんですが、少なくとも自分が住んでいるオホーツク海沿岸地域ではお目にかかったことはございません」
 都市伝説(北海道伝説?)じゃなかったのですね! う、羨ましい! ジェニファーたんは大昔から地球にいたくせに寒さにだけは弱かったのかあ……素直に恐竜とか一緒に氷河期に負けててくれればどんなにか……っ!

 それと、こちらは更に疑問がふくらんじゃった感じなのですが、北陸にお住まいのTさんから意味深なお言葉が。
「元京都市民としては、嶋のナチュラルな大阪弁もかなり気に入っています。と言っても、お好み焼きがご飯のおかず、などという意見には賛同できませんが(笑) これについては「ニコタマ」と「フタコ」のように暗くて長い河が、関西人の中にもあるのです……」
 なんと! 炭水化物+炭水化物という強引な取り合わせは関西圏ではごく普通なのかと思ってました! うおー、いろいろあるなあ、エキゾチック・ジャパンーっ! ちなみに、嶋の大阪弁がナチュラルなのは、生まれも育ちも大阪市内のナニワリンガル・花房さんのおかげです。

 その他、ご感想のメールも色々いただいてます、ありがとうございます。
 2巻の原稿が終わったら、それぞれにちゃんとお返事をいたしますので、しばらくお待ち下さいね。
[PR]
by shio_diary | 2007-10-13 17:30 | ごちゃまぜ |
<< みんなが質問に淡々と答えるよ 頁とっぷ 赤と青の間に >>