今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
まあ、北国の話だからリアリティは出たわけだが
2008年 02月 10日 |
  お友達が映画「ライラの冒険 ~黄金の羅針盤」の公開試写会に誘ってくれたので、いってきました。テレビCMを見たわたくしが、「フフフフフェレット、主人公がフェレット連れてる! うわわわ、見たいっ」と叫んでいたのをご存じだった様子です。

 場所はお洒落な若者の街・渋谷。
 しかし、天気予報は午後から雪だったので、「このままサッカー場いっても俺様大丈夫」という勢いで着膨れていきました。しつこいようですが、わたくし、寒さがホンットーに苦手です。結局、たいして降らなかったのですが、 1時開場1時半開演だったのに30分余も外に延々と並ばされ、その時そのかっこうがたいへん役に立ちました。寒かった。寒かったよ母さん……

 映画の内容については……ええと、うん。フェレット可愛くてニコールきれえだからいいやみたいな。
 ネタバレになりそうなのであんま詳しく書きませんが……基本的には、「オマエラ原作はちゃんと読んでるんだよな!? どんだけ売れてるのか知らねえとは言わせないぞ☆」って映画かと。
 誘ってくれた友人が開始10分で爆睡、以降、起こしても起こしてもまた寝ちゃうの繰り返しだったYOー。 これからご覧になる皆様は、HP等で作中に出てくるキーワードや敵対勢力図なんかを頭に入れておくと「????」となってる間が少なくて物語を楽しめると思います。
 あと、なるべく字幕版でご覧になることをオススメいたします。
 わたくしは吹き替えオンリーの試写会だったのですが、主人公役の声優さん(子役さん?)が、どうも萌えないつーか「賢く生意気」ってところだけを強調しちゃってる感じで、ライラの可愛らしさがあんまりうまく表現できてないので……山口智子は好きな女優さんだけれど、ニコール・キッドマンはちげーだろ、とか。熊役の緒方拳さんはさすがに手堅かったですが。

 しかし、自分のダイモンっちゅー動物の姿の分身(しかし自立稼働で個性もある様子)を持っているという世界はちょっと羨ましいです。公式サイトの「ダイモン占い」をしてみたところ、わたしはホイペットなるスリムなわんこでした。わーい! わんこわんこ!
 でも、ダイモン殺されちゃうと本人が死んじゃうってことは、急所が体の外でウロウロしてるってことだから、それはそれで危険だよなー。あと、自分で自分のダイモン踏んじゃって死んじゃううっかりさんとかいそうだよなー。バッタのダイモンとかハムスターのダイモンとか持ってる人いたし。
[PR]
by shio_diary | 2008-02-10 18:15 | 日記 |
<< 憧れをこの手に 頁とっぷ シンプル・イズ・ベスト?? >>