今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
野田元帥と氷室先生
2008年 06月 06日 |
 今日、二人の偉大な先人がお隠れになられました。

 野田大元帥の作ったガチャピンとムックを見て育ち、彼の訳した数々のSF小説と、「銀河乞食軍団」を読んで青春時代を送りました。「キャベツ畑でつかまえて」を読んでテレビマンに憧れ、野田元帥に会いたいばっかりに、日本テレワークの入社試験も受けました(そして、当然、落ちました)。

 氷室先生は、モノカキ・佐々原史緒がもっとも影響を受けた作家さんです。
 少女時代、この方の作品を読んで、「口でお話するときみたいな文章で小説を書いてもいいんだ」「いろんな時代のお話を、いまの自分の言葉で書いてもいいんだ!」とショックを受け、見様見真似でお話を書きました。それがいまのわたくしのルーツです。
 「冬のディーン・夏のナタリー」「銀の海 金の大地」「碧の迷宮」の続きを、待ってました。
 ずっとずっと待ってました……。
 
 このお二方がいなければ、きっといまのわたくしはいないと思います。それぐらい、わたくしの人生にとって大きな人たちでした。

 悲しいです。ただただ本当に、悲しいです。
 安らかなご帰天を心からお祈り申し上げます。
[PR]
by shio_diary | 2008-06-06 22:11 | 日記 |
<< しくじったぁぁー! 頁とっぷ 眼鏡が折れた日 >>