今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
お出かけですよ
2008年 06月 27日 |
 HJ文庫、ノベル大賞の受賞パーチーにお呼ばれしました。

 なんでも「日本上空いらっしゃいませ」も韓国版が発売決定したとか。で、「その版元であるソウル文化社の方々がご挨拶に来日中。ご紹介しますね」と担当氏から連絡が。
 「外国のお客様がいらっしゃるのなら、着物で行かなくてはダメだろう」と、気合いで白塩沢を着てみました。うん、暑かった……。
 しかも、出かける直前に帯が落ち、その上自分でそれを踏んづけるという悲劇が。「ひー、なんか汚れたぁっ! ち、違うのにしないとっ」と真っ青になって違う帯を巻き付けたです。しかし、着物つーのは帯が変わると帯揚げ、帯締め、帯留めとすべてのバランスをかえなくてはならんのですよ。全とっかえですよ。もうあっぷあっぷしながら頑張って、結果、10分遅刻いたしました。受賞者の皆様、ホントに申し訳ございませんでした……。
 なんでも、ソウル文化社さんはもう発売が決まっている「暴風ガールズファイト」をご覧になり、「日本上空」の方も出版したいと言ってオファーを出してくれたのだそうです。な、なんてありがたいお話でしょうか。このブログにも目を通して下さってるとか。すごく嬉しいです。

 他にも、「佐々原さんの本、拝見してます」とおっしゃって下さる方にも会いました……つーか、受賞者の方だったのですが。
 物書きというのはお客様の顔がすごく見えにくい仕事なためか、何年経っても自分の作品が市場に出回っているということがあまりピンとこないのです。昔、対面の仕事ばっかりしてたせいもあると思うのですが……。たまにこういうことを直接うかがったり、メールや手紙をいただいたりすると「ああ、ちゃんと自分の本も世間様に届いてるのだな」と、すごく安心します。ありがとうございます。 

 ナニワリンガル・牧生さんの勇姿も拝見できたし(DS当ててた……!)、いい時間でした。
 仕事がアレだったのと、前日寒くて下向くと鼻からなんか飛び出そうな体調だったので急いで帰ってきてしまいましたが、いろいろ心温まりました。しかし、昨年はタスクオーナさん、今年は牧生さんとどうしてわたくしの同行者はビンゴによく当たるんだ……自分は一回も当たりゃしないつーのに。今日なんて、リーチすらかからんかったようー!!
[PR]
by shio_diary | 2008-06-27 21:20 | 日記 |
<< お出かけですよ 2 頁とっぷ 地味に幸せ >>