今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
泥沼ニューパソ導入
2008年 07月 06日 |
 最近、5年も使っていたわたくしのパソコン「ながいきくん」が、その命名も虚しくものすげー音を立てたり、起動途中でサボったりするようになりました。その上、ゲイツさんが「6月いっぱいでもうXPは売っちゃダメ」とかいうお達しを出したそうで、市場からXP機が一掃されようとしておりました。
 vistaにはどうしても納得いかない+いつも完全に壊れてから大騒ぎするわたくし、この際だと新パソを購入。「XPのアフターサービスが完全に終わる2014年まで共に生きられれば充分」「いま使っているのも、結局、35しかHDD使わなかったずら」と、ものっそい低スペックでななまんえん。命名ななちゃんです。小説書いて、ネットで動画見てみんなと一緒に「キター」とかやってるだけで精一杯の子ですが、それ以外の使い道はたぶんしないですし充分です。ネットゲーとかテレビとして活用とか、廃人化するから敢えて手を出しませんよ。

 で、「モニタとキーボードは買い換えてないから、そのななちゃんとながいきくんとの間をケーブルいちいち繋ぎ変えて使い分けてんだよ。面倒」とか口走ったところ、たかざっちに超可哀想な子を見るような目で「……CPU変換器っていうのがあってね」と言い諭されたですよ。それがあれば、ケーブルつなぎっぱ、キーボード操作一発で二台のパソコンを使いこなせるんだそうですね。
 
 そんな夢のようなシロモノが!と大喜びで、それをネットで購入。
 で、届いたのをよく見たら、差し込みソケット部分が全部PS/2。
 「あれ、うちのキーボード……USBなんだけど……これどうしたら」とたかざっちに相談したところ、今度は「こんなバカ見たことねえ」って目で、「もっとよく調べてから買えよ! USBとPS/2共有のも山ほど売ってるだろっ」と指摘されました。

  しかし、わたくし、「先に 進むためだったらどれだけ回り道をしてもかまわないが、後戻りは1メートルでもイヤずら」という性格。せっかく買ったCPU変換器をポイするのがすっげー悔しい+メーカー提供のヨワヨワなキーボード使ってるのってプロとしてどうなの?と常々思ってはいたので、キーボード新調に踏み切ることに。
 
 「こればっかりは実際に触ってみないとなあ」と秋葉原の専門店でいろいろ触らせてもらって、売り場のお兄さんおすすめのマジェスタッチの茶軸とかいうのを購入しました。DOSV機時代のそれを思わせるタッチで、なかなか使いやすそうです。
 そこまではよかったのですが……たかがキーボードだというのにこれがなかなか重い。
 そして、お店のビニール袋は「あの、すみません。僕、雑誌より重いもの入れたことないんで」って感じのひ弱さ。その上、キーボードの箱と袋の形がまったくあっていないので、底がだんだんアレな案配に。
 「ちょ、おまえ、頑張れよ! 一緒に埼玉に帰ろう!」と励ましながら、その後、人と会うために浅草に移動したのですが……地下鉄下りたところでビニールさんは事切れました。
 観光客溢れかえった浅草の町をキーボードの箱を抱えて進むのに耐えきれず、知己の手拭い屋さんに飛び込んで、「あのっ、これが包める風呂敷とか下さいっ」と風呂敷購入。さんぜんえんぐらい。どうみても「お中元届けに出かけるオバチャン1号」「風呂敷の中はそうめんセット
」という見た目になり、知り合いに驚かれましたよ……
 
 ななちゃんのために色々と頑張りました。ほとんど自分のせいですが、もー泥沼です。
 2014年まで立派に稼働して欲しいです。
[PR]
by shio_diary | 2008-07-06 13:57 | 日記 |
<< 泥沼追加 頁とっぷ 発売ですよ >>