今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
P4,はじめました
2008年 08月 26日 |
・ようやく、ペルソナ4を始めてみました。
 五輪も終わったし、原稿も一段落ということで、封切ってみました。俺、ちょう我慢した。頑張った。
 前作よりも最初から割と仲良しさんみたいで、心和みます。友人にライバル心を一方的に持たれてすったもんだという展開が個人的に苦手なので、ありがたや。や、自分だってそういう話書きますが。前回は個性的な先輩の下で頑張りましたが、今回は自分が先輩で後輩を連れて歩くってパターンのようですね。二人のヒロイン?がどっちも素敵で目移りするがな。どっちとつきあってもらえばええんじゃ~。とりあえず、クマ可愛いよクマ。

・北京五輪閉幕
 いろいろとあった17日間。それでも、楽しかったです。簡単に箇条書きしてみます。

・サッカー男子代表
  未だに清水の青山くん外した意味がわかんね。
・なでしこジャパン
 俺たちの誉がいるかいないかが、男女の明暗を分けたと思います。リーダーシップがあって、ここぞという時に点取ってくれる人。かっこいい。強敵にも怯まず向かっていくところが、本当に素敵でした。
・ソフトボール代表
 上野さんや山田さんとならつきあってもいいという女子が、きっと日本全国に山ほどいたことでしょう。有終の美という言葉に、きっと選手たちが誰より胸しめつけられたに違いなく。いつか復活するといいですね。
・フェンシング
 素人が見ても見てもよく判んない競技なのに、かっこよさ抜群。やはり、あの細身の剣のおかげ? 玄人の知り合いに聞いたら、「ランプが光ったら得点なんだよ! たまにしか見ない奴は細かいこと言わずにそれでいいんだよ!」とあんまりな返答。しかし、自分もサッカーのオフサイドについて聞かれた時、「線審が旗上げたらそうなんだよ、たまにしか見ない(以下略)」とか言い放った気も。
・陸上
 やはり、リレーについて語らなくてはなるまいー。
 米国がアレした運も当然あったのでしょうが、チームワークでメダル取ったというのがいかにも日本らしいなあ、と。傑作「一陣の風になれ」をふと思い出しました。 
 マラソンは残念でした。サカヲタからするとバックアップの選手がすぐ稼働できないというのが不思議ですが、やはり色々と調整が難しい競技なのでしょうね。ワンジル選手の名前は何度聞いても、椀汁と勝手に当て字されてしまいます……。 
・BMX
 今回、初めて見た競技ですが、すんごいすんっごっい面白かった。日本でも流行るといいのに。自分でもちょっとやってみたい競技ですが、たぶん5秒でコケるんでしょうナー。観戦中、ついつい「そこで、まくれー!」とか「そのままーっ」とか言いたくなってしまいますです。いかんいかん。

 水泳・柔道・シンクロなども、決勝だけは見るようにしてました。決勝でお会いできない選手もけっこういて、切なかった。レスリングの伊調姉妹とかも素敵でしたのー。バレーと野球はついに一つも見られなかった……
 ホスト国・中国さんについてアレコレは色々あったようですが、観客の態度とかが日韓W杯のときの韓国さんちとそっくりでおかしかったです。飽きたときまったく関係ない試合で、韓国コールしちゃったりとか。大陸気質なのかしら。次にこういう催しやるときは、せめて日本のサポがユニきたり旗振ったりぐらいは出来て当然ってなってるといいですね。

・「キャラの!」の新シリーズ
 キャララクターのラフ画があがってきました。可愛いっす~。
 わたくしはいま一つ萌を解さぬダメっこなので断定しきれませんが、もしかして今回のが佐々原史上最萌絵なのではなかろうか。萌絵嫌いなのかとときどき言われますが、そんなことないんですよ。今回はもう女しか書かないZE☆という勢いで女子だらけで幸せです。おっぱいは正義。いや、全体的に露出は少なめですが。
[PR]
by shio_diary | 2008-08-26 04:37 | ごちゃまぜ |
<< 実家に帰らせていただきます 頁とっぷ 視界不明瞭 >>