今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ:日記( 141 )
|
|
2009年 04月 11日 |
 今日はJリーグのある日ですが、試合前の精神状態いいとき(泣笑)に、大事なことをひとつ。
 
 一昨日ファミ通文庫編集部さんにいって、そこでマルルーちゃんに、某図書館の方が作ったリーフレットというのを見せてもらいました。図書館のスタッフさんたちがオススメする本をまとめたものだそうですが、その中に、拙作「暴風ガールズファイト」を載せて下さったのです。ありがとうございます。すごく嬉しかったです。
 それに関連しまして……なんでも昨年冬コミでは、暴風について書かれた同人誌を出して下さった方もいらしたそうで。すごくすーごく光栄です。めっきりアレな結果になってしまった一作ですが、こうして惜しんで、何くれと手間暇をかけて下さった方もいらっしゃったのかと思うと、感無量でした。
 あと、MIXIにわたくしや暴風の応援コミュニティを作って下さった方もいらっしゃるとか。MIXIは佐々原は登録していないので、敢えてこちらで御礼申し上げますね。ご声援、本当に本当にありがとうございます。

 いろんな方に支えられて、なんとかやっていけてるんだなあという気がひしひしいたします。これから少しでもいい作品を作っていくことで、ご恩を返せればと思っております。
[PR]
by shio_diary | 2009-04-11 04:10 | 日記 |
2009年 04月 08日 |
 セキレイが、横断歩道渡ってた……!
 ちゃんと緑で!!
[PR]
by shio_diary | 2009-04-08 21:12 | 日記 |
2009年 04月 07日 |
 実は「貴様は味覚だけ7歳児」と言われてるぐらい、辛いものが苦手です。
 特に、ワサビがだめ。どうしても刺身とかにつけて食べられません。エスニック料理も苦手で、お友達に「タイへいこうよー」「インドいこうよー」とか誘われるたびに、「飢え死ねと申すか!」と断って参りました。

 ですが、最近、最寄り駅近くに出来たインド料理屋へときどき出かけます。
 今日も出かけました。
 辛いカレーは苦手なんですけれども、ナンが。ここのナンが、すごくうまいんです!
 インドの方が経営&調理なさってて、こんがり焼いたできたてナンが食べられて最高なのでございますよ。毎回毎回、「スーパーマイルドでお願いします」「小学生に出すぐらいの勢いでマイルドで頼みます」とたいへんしまらない注文の仕方をしてる情けなさ……おかげで、少しは辛いのも大丈夫になってきたつもりだったのですが、今日、「スーパーマイルドでお願いします」と言わずに、普通に「マイルドでね!」と大人っぽく言ってみたら(そうか?)……ああ、うん。ごめんなさい。舌だけ七歳児で……(泣)。
 ナンは好きだが、カレーが食えぬ。
 この矛盾を打開できる日が訪れれば、憧れのインドにもいけるかしらと思っていたんですが……一生無理かもなー……。
[PR]
by shio_diary | 2009-04-07 23:30 | 日記 |
2009年 04月 05日 |
 なんで磐田が一勝もしていないのに、明日が来るのか意味が判らない今日この頃、みなさまお元気ですか? わたくしはもちろん不元気ですよ。「いや、おまえの言ってることの方が意味判らん」という幸せな方は、そのまままっすぐ生きていってください。「ああ、なんか判る判る」という方は、共に登って参りましょう……このサポーター坂をよ。

 と、のっけから妙なノリでございますが、そんなこととはまったく無関係に本日は桜見物にいってきました。家から300メートル先の河原ですが。まあ、明日〆切だし。とほほ。
 一昨日あたりまでは蕾だらけだったのに、昨日今日の暖かさでいきなり八分咲きに。川岸の景色と相まってたいへん美しいです。ここの風景が気に入って、町に引っ越してきたと言っても過言ではございません、ええ。
 ぽわわんと夜の闇に浮かぶ桜を見上げながら、相棒・高沢和巳さんが「桜の下には死体が……」というよく聞くフレーズを呟いていたので、
 「いや、奴ら、死体の上とかだと案外あっさり枯れるらしいで」
 と教えてあげたところ、「きぃぃぃぃ、ロマンのない!」と叱られましたですよ。だ、だって。

 この時期の桜並木の下に毎年現れる大判焼きやクレープの屋台・たこ焼き屋に加えて、今年はかき氷と鮎の塩焼き屋さんが登場。鮎の方はいいとして、今年の花見でかき氷はキツそうですなあ、寒いもの。ウェザー・マーケティングの敗北。こういうのの配置とかってどこの誰がやるのでしょうか? 完全個人経営? だとしたら、本当にお疲れ様です……。
[PR]
by shio_diary | 2009-04-05 22:36 | 日記 |
2009年 04月 04日 |
 もう一つのブログを書いてますよー。ここのところ明るい話題はとんとないのですがー……はあ。
[PR]
by shio_diary | 2009-04-04 21:38 | 日記 |
2009年 04月 03日 |
 最近、ISSが日本上空を横切るのを楽しみにしてます。
 宇宙隊長(着物隊長も兼任中のグリーン・テロリスト、職業漫画家&イラストレーター)が数日前に時間を教えてくれるので、その日は目覚まし時計をかけて外へ飛び出ます。

 いつもは周囲にあまり灯りのない河原へ出かけるようにしているのですが、今回は角度がよさそうだったので仕事場のベランダからチャレンジ。
 18時45分ぐらいに北西の空からスゥっと現れて、南東へ向かって飛び去っていきました。
 いつもより少しだけ光が大きいです。双眼鏡で見ると光がちょっぴりぽてっとしてるのが判ります。シャトルがドッキングしてるんだよ! 若田さんも乗っているんだよ! 星出さんのときはうまく見られなかったので、今回は天候角度ともにすごくよくて大満足。
 次はいつ、日本の上を通ってくれるのでしょうか。若田さんが乗っている間に、またくるといいなあ。
[PR]
by shio_diary | 2009-04-03 21:11 | 日記 |
2009年 04月 01日 |
 紙に嘘を書き殴ることで糊口をしのいで既に10数年。
 四月馬鹿とかっていまさらチャンチャラおかしーよねー!とか言いつつ、円谷プロのサイトがいっこうに繋がらず涙目状態の佐々原です。ちくしょう、おまえらみんなしてクリックしすぎだろ! あと4時間ぐらいで今日が終わっちゃうわ、どーしてくれんのよ!!(理 不 尽 ☆)

 とりあえず、本日ご入学ご入社を果たされました皆様方、おめでとうございます。
 社長訓辞とか校長訓辞とかウゼーと思って聞いてたかもしれませんが、ときどきけっこうハイブローなことおっしゃる方もいるので、できれば真面目に聞いてた方がいいと思うYO!
 そんなこんなで、4月1日です。
 待ちに待ってた近所の大学の図書館が再オープンしました。いままで春休みだってんて閉まっていたのさー。ここの一人用の机だとめっちゃ仕事進むんで、おばちゃん、たぶん在校生の1000倍ぐらい待ってた……! さっそく働いてきた!
 司書にもどうやら今日が初仕事って方がいらっさったようです。年若い青年が某マックの店員さんばりの笑顔と元気でご対応下さいまして、真に微笑ましかったです。スマイルゼロ円が必要な職場じゃないかもしれませんが、笑ってもらえる方がやはり利用する側としては嬉しいもの。どうか、そのままのあなたでいて~。
[PR]
by shio_diary | 2009-04-01 20:04 | 日記 |
2009年 03月 03日 |
 A社にプロット出して、B社の著書校チェックして、C社のタイトル考えてと、暇なときはとことん暇なのに、動くときは一気に動くのがお仕事です。いっこいっこ別々に何故ならんのでしょうか、主よ。
 それはそうと、昨年夏に「ボーナスでかうぞー」とボーナスなんてどっからも出てねえのに購入した新パソコン・通称ななまんえんのななちゃんが、突如、壊れました。エプソムのロゴ→XPのロゴ→エプソムのロゴ→XPのロゴ……って、延々やってるのでございます、ひー! 
 「わ、判ったから! もうそのロゴはいっぱい見せてもらったから! ホラ、頑張って起動して。お願いっ」と宥めすかしたもののいっこうにご機嫌治らず。仕方なく、エプソムの電話相談室のおねーさんに聞いてみたところ、どうもOSがイッちゃってるらしいとのこと。
 「XP再インストールしていただければ、たぶん問題ないと思います」というお言葉に胸を撫で下ろして、再インストールに取りかかろうとしましたところ……。

 ねえ、リカバリーツールCD、どこ???

  orz

 エプソムのおねーさんが送ってくれた、新CDが届くまでは、旧パソコンのながいきくんで頑張ります。やはり名前がよかったのでしょうか? 鈍いけれども頑張ってます、このヒト。ななちゃんも長命ちゃんとかに改名すべきでございましょうか、とほほ(泣)。
 それと、どうしても外せない用事があって外出したら、めっさみぞれに降られました……いちおう、桃のお菓子なんか買ってみたのですけれども、ちらし寿司もこさえてみたのですけれども、なんかこう盛り下がる雛祭りですなあー。
[PR]
by shio_diary | 2009-03-03 19:36 | 日記 |
2009年 03月 01日 |
・雪の降る町を
 めったに遠出しないわたくしですのに、雪の降った金曜日に限って著者校を渡しにマルルーちゃんと待ち合わせ。めっきり都心部だったというのに、「いますぐサッカー場でバモれますYO」という着込みっぷり。もう自分で見てもびっくりするぐらい、まんまる。何度も言いますが、わたくし本当に寒いのが苦手なんですよ、とほほ。
 しかし、その後、赤ペンチェックを受けるために入ったカフェテリアがオサレな吹き抜けの店で……ええ、あったかい空気はみんな四階だか五階だかの天井部分にたまってますという構造。結果、室内なのにガタガタ震えるハメになり、スタジアム仕様の着膨れが功を奏したっつー。
 さみいさみい騒ぐわたくしに、いろいろ食わせて保たせてくれたマルルーちゃん、ありがとう。先週は徳間の格闘司書嬢においしいもの食べさせていただいたし……あれ、これ、着膨れじゃなくね? リアル肉じゃね?

・わんこパラダイス
 お友達が突如、可愛い子犬をこうたというので、会いに行ってきました。
 黒いポメラニアンで四ヶ月の男の子。
 その友達は、骸骨柄とか迷彩柄とかをこよなく愛するヘビィメタルな方なので、巷のファンシー極まれるわんこグッズとかめっちゃ嫌がりそうだなあと思ったのですが、「でも、子犬ってこれ好きよね……」とつい犬目線で柔らかくて楽しそうなおもちゃを。あと、我が家の女王様(シーズー)もお気に入りのおやつも買い、人間用にはケーキをお土産にしました。
 彼女の家にあがってわんこと対面したとき、自分がケーキ持ってるのを忘れてつい荷物を床に放り出し、わんこを抱っこに走ったですよ。結果、人間用のお土産はえらい有様になってましたよ。地元で評判のグットルッキングなケーキだったのに。えらいすみません。
 まだ毛とか短くてふわふわで、その上、たいそう人なつっこい坊ちゃんでもうギーとか唸りたいほど可愛かった!!! 自分で抱っこせがんだり、顔なめたり、尻尾ぶんぶん振ったり。そうよ。そうなのよ。これが愛玩犬の真なる姿なのよ!!
 うちの女王様は気位高過ぎ+わたくしナメられすぎで、尻尾もろくに振ってもらえないっちゅー……
 3,4時間ほど犬撫でくりまわして帰ってきました。お土産もわんこに気に入ってもらえたので、友達も容認してくれたようです。そうやってどんどん家の中が犬のために染まっていってしまうのさ、くくくく。ホント、飼わないと判らないことってあるのよー。
 わたくしも犬を飼う前は「犬に洋服着せる人って信じらんない」とか思っていたものですが、飼い出して判った。奴らはね、意外に寒がるのよ! あと、濡れるの嫌いなのよ!  きっちり防寒してやらないと四つ足踏ん張って一歩も動かないって子もいるのよー、うちの女王様みたいに!! なので、飼い主の自意識だけでアレやってると思っている人は、なるべくその偏見捨ててくださいますよう。いや、中にはそういう飼い主もいるんでしょうが。

 それにしても、ああ、子犬パラダイスだった。幸せだった。癒される……いつか自分もわんこと暮らしたいですが……一人暮らしだとなかなか難しいですよねえ。
[PR]
by shio_diary | 2009-03-01 17:49 | 日記 |
2009年 01月 24日 |
 「今週末までに書類を出して下さいネ」と言うマルルーちゃんあてに出したつもりのエクスパックが、自分のチャリの前かごから発見されていたりいなかったりします佐々原です。と、投函したはずだったのに……っ。あの日の記憶はなに? すべて偽物だったの!? 真剣にボケがキたのでございましょうか、マイ脳みそ。

 それはそうと。
 わたくし、相変わらず首と肩の調子が芳しくなく、週一で整体に通っております。なかなかフレンドリーな若先生方が三人で切り盛りしている医院なのですが、患者さん同士はみなさん没交渉。あたりまえです。別に話題も何もないし。

 しかし、先日のこと。
 若先生の一人が何気なく、たとえ国難があってもアニメを流す侠気テレビ局でやってた某なんとかまちっくナントカつー番組の話を振ったとたん、その場にいた方々が長年の沈黙をいっせいに破りました。

「なんだよ、アレはよ。うちの市はレイクタウンの噛ませ犬かっつの」
「もっといいところ色々あるよね、美味しい店だっていっぱいあるよね」
「○○寺はあるのに、○×神社はないってどーいうこっちゃっ」
「ガーヤちゃんって、あれ、微妙ですよね。鴨がネギしょって自分で鍋に入ってるマスコットって、どうなんスかね」
「わたしなんか○×駅出身なんですよ!れっきとした市内の駅! なのに、名前すら出て来なかったぁー!」
「あの煎餅屋ってどこにあるの? この市に30年住んでるのに聞いたことなかっ……」

 次々に噴き出す不満と怨嗟。
 そうかそうか……みんな考えることは同じだったんだね。 滅多にメディアに大々的に取り上げられないから、それはそれは楽しみにしてテレビの前に座っちゃった分、悲しみは深かったんだね。判ります。わたくしもそうでしたから(泣)。
 沿線の西○井とか、埼玉県下最大の○宮とかも似たような扱い受けたそうです。恐るべし、なんとかまちっくナントカ。どっちも博物館だのショッピングセンターだのに頼らずともネタありそうな由緒正しい町なのに……とほほ。

 それはそうと、星ヶ谷市ですが、名前だけはこのなんとかまちっくナントカで取り上げられた市から拝借いたしましたが、自分が役所で窓口のおねーちゃんやってたのは別の市です。前に住んでいたところ。
 ちなみに、ダメ店子に野菜を分けて下さった大家さんもそこの市の方ですのでいま失業したら今度は茄子抜きなんだぜー、ハイ。
[PR]
by shio_diary | 2009-01-24 22:08 | 日記 |
頁とっぷ