今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ:ごちゃまぜ( 66 )
|
|
2007年 09月 29日 |
 寒さで目が醒めました。慌てて扇風機を仕舞いましたが、まさかこのあとまた残暑戻りとかないですよね、ないと言ってー。

・発売しました。
 しつけーな、ヲイと思われる向きもございましょうか、「暴風ガールズファイト」、発売でございます。
 京王線沿線にある啓文堂書店さんには、わたくしが手書きでメッセージ入れたPOPが貼られておるやもしれません(31店舗中10店舗ぐらいだそうなので、あなたのご近所のお店がそうかどうかは当たるも八卦当たらぬも八卦)(なんか用法違う)。悪筆で有名なので、どっちかというと申し訳ない感じで……がふっ。

・賢いお買い物
 ずっと欲しかったティファールの電気ケトルが壮絶な値下げをしていたので、尻尾振って購入しました。これがすっごい便利です!! 
 わたくしはちっちゃな茶壺一つ分の中国茶とか、蓋つきマグ分だけのミルクティとかちまちました単位でやたらめったらお茶を飲むので、わずかな水をあっちゅー間に沸かしてくれるケトルの頼もしさときたら、もう! 仕事がつまってきたときに、いちいち一階のキッチンに下りてちょっぽりだけお湯沸かすのも面倒だったしナー(それでなくても運動不足なんだから、階段の上り下りぐらいはしろってのはありますが)
 いまの住居はプロパンでガス代が割高なので、お財布にも優しい結果になるかもしれぬ!と有頂天だったのですが……昨日、こんな記事みつけてしまいました。
 そーか。だから大幅値下げしてたのかー。

・取材の置き土産
 うちにはあまりやってこないペリカンちゃんが、突然ご来訪。運んできてくれたのは、パスモのマークの描かれた箱です。
  「いったいなんだろー」と中を見ると、パスモの桃色ロボットのグッズでした。ハンドタオルやストラップ、マウスパッドなど計5品。なんでも、キャンペーン期間中に2回オートチャージして三万使えばもれなくくれるプレゼントだそうです。
 日頃は一ヶ月に1、2回電車に乗るかどうかってわたくしですが、この春から夏にかけては珍しくアクチブに出歩いてました。そのため、知らないうちに上記条件を満たしていたらしいです。
 「パスモ用のクレカは電車代以外使ったことないから、三万分も電車乗りまくってたのかー」とちょっと感慨深いです。
 ただ、このグッズ可愛いんだけれども……使うかナー、自分。使わない気がするナー。
[PR]
2007年 09月 20日 |
 気温の乱高低にすっかりやられてぐったりの佐々原です。
 いつも季節の変わり目には寝込むのですが、今年はそれが一回増えた感じでウンザリ。いいかげん諦めろよ、夏。

・エンターブレインのパーチーにいってきました
 数日前から天気予報を睨み、「最高気温28度以下ならば頑張って和装だ!」と決意。当日朝もそんな感じの予報だったんで、せっせと単衣の白塩沢なんぞを着込みました。
 が、玄関あけて外出た瞬間、「どうみても30度以上あるよ、ヲイ」ってな陽気。
 そのままいっちゃおうかとも思いましたが、パーチー会場で目ぇ回してマルルーちゃんに世話かけてる自分の姿がやけにリアルに思い浮かんでしまったため、そのまま家の中へ。
 玄関→廊下→階段→和室と逆回しに戻りつつ、帯締め→帯枕→帯→伊達締め→着物→襦袢→和装下着をあっちこち点々とさせながら、洋服に着替え直しました。「今日は絶対に事故死できねえ。こんな有り様の家を他人様に見られたら恥ずかしくて死ぬ」というなんか矛盾したこと考えつつ、ダッシュでゴー。
 幸い、割と早め早め行動だったので、パーチー開始には間に合いましたが、会う人会う人に「あれ、洋服? 着物じゃないの?」と聞かれたっす。来年はたとえ9月半ばでも麻とか絽でいいでしょうか、隊長っ!?(泣)

 肝心のパーチーですが、今年からガールズ系文庫が新設したせいか、女子率高くて華やかになってましたです。えんため賞の受賞者の方もいつになくお若い方が多くて、初々しさ倍掛け。旧知の方や、一方的にファンだった作家さんとかにもお会いできたし、楽しいひとときでございました。

  二次会にもちゃっかりお邪魔したのち、いただいた昨年度受賞作文庫一式のつまった紙袋を抱えて、ついでに秋葉原で大好物のタピオカミルクティーを買い求めて電車に乗ったところ……悲劇が起こりました。
 首にヘルニアを抱え、「重い物を持つのは厳禁」と医者に厳命されているわたくし、お土産の紙袋を網棚に乗せました。自分は吊革に掴まってちょっとウトウトしかけたその時、東武線突然急ブレーキ。
 紙袋が吹っ飛び、座っている人々の上にバラまかれるカラフルな文庫の数々。
 「いったー!」と悲鳴を上げてこちらを睨むおじさんが握りしめてるのは、井上先生の「バカとテストと召喚獣」でございます。その上、タピオカミルクティーのカップが床で破裂、あたりに薄茶の池を作ってるではございませんかっ。
 「すみません、ホントすみません」と謝りながら、わたくしは本をすべて回収、パーチー仕様の服振り乱し、手持ちの手拭い・ハンカチ・ティッシュを総動員させて床を拭き、それでも足りずに涙目になってたら、知らないおねーさんやおっちゃんが自分のティッシュを分けて下さいました。

 せっかくの御本をぶちまけてしまい、ホント申し訳ございませんでした……各先生方及び各担当編集者様方。それらの直撃を受けた電車の乗客ご一同にも、すみませんでした。ことにA5版が膝に落っこちてきた女性は大災難だったかと思います……うううう~(泣)。今後、いろいろ気をつけます……。

・HJ社「日本上空、いらっしゃいませ」第1回著者校終了
 順調かつ危なげなく進んでますー。雑誌の方もコツコツ書いてますー。

・和歌山の例のアレ
 イラストレーターが決まったらしいんですが、肝心の発売日がいっこうに告げられません。ホントに出るのかなー。

・仕事場に家守様、出現
 夜中。
 喉の渇きを覚えて階下のキッチンへいこうと電気をつけたところ、階段の天井からポトっと何かが落っこちてきました。すわ、ジェニファー来襲かと身構えたのですが、それはうっすらグレーのヤモリでした。
 爬虫類・両生類にはまったく抵抗がないわたくし、「わあ、可愛いっ」と喜んで追いかけていったのですが、あっちゅー間に物陰へ。
 それからも、二度ほど室内で遭遇してます。そのたび、すんごい勢いで隠れられてしまうのですが。台湾のヤモリは人間がいても悠然と壁に張り付いてましたが、日本のヤモリはシャイですなあ。
 ちょっと嬉しいけれど、ホントにジェニファーが出ても、絶対にバルサン焚けないぞ、ヲイ。

 ☆ジェニファー……あまりにも嫌いかつ怖いため、本名を口にするのすら憚られる、黒光りの憎い節足動物。北海道には出現しないって本当? あと、八本足の方々はマリリンと呼んでます。
[PR]
2007年 09月 04日 |
 また間が空きましたのう。
 せめて新刊出るまではアクチブに書きたいとか思ってるんですが、どうなりますかのう。

・「暴風ガールズファイト」、著者校アップ 
 あとは、後書きとか書けばほぼ終了~。
 表紙や口絵のイラストが上がってきました。すんごい可愛いです。帯に暴言スレスレのキャッチ・コピーがありますが、考えたのはマルルーちゃんですんで……はい(言い付けるし)。

・「日本上空、いらっしゃいませ」、著者校中
  発売日が一ヶ月延びたので、のんびりまったりトロトロと。しかし、一部ではまだ「10月発売」になってるそうな。友達に「またどっか怪我でもして延ばしたの?」と聞かれました。ち、違うから! 今度はわたくしのせいじゃないから! 営業戦力上の遅延なんだから!

・ワールドコン行ってきました
 世界中のSFヲタクが集まる祭典、ワールドコンへいってきました。
 初日と最終日は欠席、二日目はお友達の企画のお手伝い、三日目は難波弘之氏のコンサート、四日目は憧れの作家さんの講座とサイン会……うん、大好きなんですよ尊敬してるんですよ、デイヴィット・ブリン氏(「バトル・オブ・CA」上梓したとき、「佐々原さん、知性化シリーズ好きですか?」と聞いてらっしゃった読者の方、すごい。ちなみにときどき言われますが、実は「スタートレック」はいっこも見たことがございません……どこから手ぇつけたらいいのかもはや判らぬー)。大好きなイラストレーターさんにもサインいただいちゃったですよ、きゃほー。
 せっかくのワールドワイド・イベントなので着物きたり、久々に遠方の友達に会ったり、なんかアレコレ奢っていただいたりと楽しい数日間でした。体力が続かず、途中、会場のとなりのファッションビルで空き時間にマッサージ受けてきたっつーのが、トホホですが。
[PR]
2007年 07月 07日 |
 何故、大阪弁?

 とりあえず、まとめて日記アップするのがなんか後ろめたい気がしていやになり、書いた日記をアップせず放置、アップしないと記事が溜まり、更になんかイヤになってというブログ力低下のスパイラルにまんまとハマってます、佐々原ですこんにちは(前フリ長え)。
 
・例の和歌山のアレ、いくらなんでもそろそろ校正入り
 の、はず。
 発売日8月末って聞いたんだけど、おかしーナー……正式に印刷所にツッコまれましたら、文庫名とか出版社とか出してもいいよね……?(聞くな)
 とりあえず、友人に和歌山弁指導を受けるべく、原稿丸投げにしてチェックしてもらってます。アデルのときは、「外国人が任侠映画見て耳コピしたテキトーな広島弁」だったから、わたくしが「仁義なき戦い」とか見てマネしてみましたが、今度はネイティブ和歌山県民が出てくるためちゃんとしなくてはならないので……友人Mさん、お手間おかけします。
 そういえば、広島弁の使い方についてお叱り受けたり、「広島弁=乱暴とか野蛮みたいなイメージにするの止めて下さい」とか怒られたりしましたが、あくまで「外国人が海外でも手に入る日本のDVD見て耳コピしたテキトーな言葉」としてのアデル語ですんで、どうぞそこのところよろしくお願いしますです、はい。

・eb社新シリーズ、じわじわと執筆中
 じわじわじゃねえだろ、さっさと執筆しろよ!というマルルーちゃんの怒号が聞こえてきそうですが、ええ。9月発売になりそうだけど、おいら「夏以降」ってゆったんだから、別に間違ってないよね? ね? 

・HJ一周年パーチーにいってきました
 せっかく正式な招待状をいただいたというのに、当日、それを忘れるというドジッこ属性(20年遅え)を発揮。秋葉原の駅前で友人に電話したり、無人と判りきってる編集部に電話したりと情けない有り様に。ホント、その節はご迷惑おかけしました>関係者様各位 早めに家を出たので遅刻しなかったのが唯一の救いですYO。
 懐かしい方に再会したり、プライベートでは何度か会ってるのに何故かオフィシャルなところでお目見えするのは初めてっちゅー方に会ったりと、楽しかったです。

 受賞式のあとにビンゴ大会があったのですが、相変わらずわたくしはビンゴ運がでんでんないのであっという間にゲームに置き去りにされました。しかし、イラストのタスクオーナ氏がビリー・ザ・ブート・キャンプを当てたり、氏のアシスタントの方がカワイコちゃん柄の抱き枕を当てたりなさってました(でも、その方は袋などをいただけず、それを剥き出しのまま抱えて帰るハメに。秋葉原じゃなかったら通報もんの罰ゲームですYO)。
 昔、たかざっちもわたくしの横で旅行券引き当てたりしてたし、なんでわたくしと組む絵師の方は運がいいんでしょう……す、吸い取られてるっ!?
 ところで、このビリーさんのキャンプですが、実はわたくしも春先にこっそり買いまして……30分保たずに除隊しました。無理ですよ、あんなん。確かに痩せるでしょうけれども、ううー(泣)。

・ツバメ防衛軍2007、継続活動中
 今年は同じ巣で二度の子育てをすることにしたらしい、我が家のツバメ夫婦。
 すでに一度目のヒナたちは見事に巣立ちし、二度目のヒナたちの姿もいつの間にか見当たらないのですが、まだ夫婦はせっせと巣に通ってるんですよね……ま、まさか三度目の子育てをするおつもりか? 
 以前も書きましたが、ツバメの巣がある軒先は、お隣の家の真ん前。そのお隣に、ついに新しい住民の方が引っ越してらっしゃいました。いちおうその方がご挨拶に来て下さったときに、「どうぞどうぞツバメをよろしくお願いします」と申し上げておきましたが……なんかね、デッキブラシが玄関先に放り出してあるのね。これ、わたくしに「これで掃除でもしておけ」って合図かしら? 去年はツバメが旅立ったあとに一気に掃除して綺麗に戻しておきましたが、今年はそれだとちょっとまずいのかもしれない……しかし、ホントに使っていいのかしら、このデッキブラシ……ううむ。

・復活のバロッカー
 SS版発売時、ハマリにハマってこっそり二次創作までやらかしていたほどの大好きだったゲーム「BAROQUE」が新世紀にPS2版として、登場!
 仕事が忙しいのと画面酔いするのは判ってたんで、「まあ、さわりだけ」と思ってイージーモードで始めたら、ホントに簡単であっという間にクリアしてしまいましたのことよ。見ろ、異形が紙のようだ!
 しかし、大事に育てようと思ってた歪んだコートが、ソコンポたんに一瞬にして腐肉にされたりするあたり、いくら簡単になっててもバロッキュはバロッキュ……やりこみだしたら危険なので、たかざっちに預かってもらいらいました……俺、 この原稿が終わったら、47号君に会いにいくんだ……
[PR]
2007年 04月 26日 |
 なんか気が付くとまたいっしゅうかんとかたってるよ! 忙しかったよ! 別にペルソナ3フェスやっててブログどころじゃねえとかそういうんじゃないんだよ! ホントだよ!

・ノベルジャパン誌7月号原稿アップ
 セカンドシーズン第二話目。半日遅れながらも、無事アップ。「短編ならまず遅れない」が売りだったというのに、それすら危うい今日この頃。生きててすみません……。

・大阪からお友達がやってきたヤアヤアヤア
  「是非泊まっていって」と自分から言ったというのに、お友達がくる前日に突然、トイレのドアが開かなくなるという悲劇に見舞われました。「全部閉めると危険だから、ちょっとだけ開けておいてね」とか言われた友人の心境はいかばかりか。とほほ。
 翌日、秋葉原でかき氷食ってゲーム屋覗いて上野のブラッスリーでご飯食ったらそれだけでイッパイイッパイ。今度はもうちょっと東京観光らしいところへご案内しなくちゃなー。

・浅草めぐり
 先日京都で買ってきた鼻緒をずっとほったらかしにしていたので、お友達と浅草の某履き物屋さんにいって草履をこさえてきました。わたくしが着物隊長と敬愛する方に台を選んでもらって、とってもキュートな草履のできあがり。う、嬉しいー。
 友人の一人は染め直し+仕立て直ししたという着物を装備済。、それがすごくしっくりしていて素敵でした。わたくしももっと自分に合う、こなれた着方したい。精進いたします。

・eb社新作のため精力的に取材中
  頑張って仕込んでます。これまでとはいささか傾向の違う話になりそうなので、いろいろ大変です。夏までに形になったらいいなあ……。
[PR]
2007年 04月 17日 |
 開始早々、間が空きました。
 なのに、レポートみたところ毎日ちょっとずつでも訪問して下さっている方がいらっしゃるようで、ホントすみません。とりあえず、ここのところのわたくしの動向をば。

・和歌山取材のアレ、ようやく第一稿アップ
 本当は3月中には上がってなくちゃならなかったのですが、両親が相次いで入院だ怪我だとアワワな感じで、押せ押せに。しかし超アウェイの原稿なので、まだ詳しいこと書いていいのかどうか判らんですたい。とりあえず、発売日確定したら詳細載せます、はい。

・「スイートホームスイート」の打ち上げにいってきました。
 イラストのカヅキ・レンさんと現担当のマルルーちゃん、旧担当ピコリーちゃん、それと同じレーベルの作家さんとイラストレーターさんという6人体制。
 とてもクレバーな若者たちに囲まれて、わたくしが話していたことときたら、学生時代に蟹に手を切られたり鮭に押し潰されたりして死にかかったっちゅーバカな体験談……なんか間違ってないか、最年長?
 楽しい会でしたが、途中でお気に入りの帯留め落としてしまい、それだけはがっくりです、とほほ。気が付いたら金具しか残ってないんだもん、うえーん(泣)。

・「コンフィダント ~絆」を観てきました。 
 またもママンのリクエストにお応えして激戦を勝ち抜き、チケット取っていってきました。
 そして、またも物作りで悩む人たちの複雑な友情物語です。喜劇だっちゅーのに一人で泣いてましたよ。
 それにしても。
 いるんだよなあ、この作中のゴッホみたいな奴さー。自分には才能あるって実は確信してるくせに、「俺はもうダメ、才能ないんだ」っつって「そんなことないよ」って言われたがるってのがさー。正直、ウザさ最高潮。しかし、こういうこと言う人に限って、そのウザさが愛嬌になるってタイプが多いんですよねえ。何故か。ずるいったらございません。
 ちなみに、自分でも一回やってみたことあるんですが、マルルーちゃんに「そんなこと僕に聞かれたって判りませんよ」と冷たく瞬殺され、ウザさを愛嬌に結びつけられるタイプではないのだと確信しました(笑)。

・今年のツバメは現代っ子
 去年やってきたツバメ夫婦はなかなか用心深く、人んちの軒下で生活している割には窓辺になどけっして近寄ってきませんでした。
 しかし、今年のカポーはえらいフレンドリーつーか物怖じしないつーか、平気でわたくしの家の物干し竿やらベランダの手すりやらでイチャイチャしてます。おーい、窓のすぐ横にわたくしいるんですが、いいのかー? 距離にして一メートルちょいぐらいしか離れてないぞー??
 もしかして、このヒトたちのどっちかが去年のみそかすっこちゃんが成長した姿なのではないかしら……。
[PR]
頁とっぷ