今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ:サッカー/ジュビロ( 1 )
|
|
2013年 03月 29日 |
 赤い彗星故障事件により、停滞しきっていたわたくしの二月三月。
 どんだけ停滞してたかっつーと、もはや年中行事である新ユニの申し込みをし損なったぐらいでございます。西が移籍しちゃってから誰のユニ作ったらいいのか迷ってて……ってのもあるんですがのう。

 で、今年はゾノフィスこと金園選手の17番にしましたです。中山→西→押谷とFWのユニしか作ったことないな、そーいや! グラウのもあるよ! そろそろ前田のも欲しいわー!
 そんなユニが今日届きました! わーい! プーマのデブいじめぴっちり仕様じゃない、復刻版のゆったりラインが嬉しい! その記念に、無理矢理でかけた現地観戦の記事をいまごろ二つ。ええ、ヨルダン戦とかスルーで!

 
ジュビロ磐田 1-2 横浜マリノス

・実家から一番近いスタジアム! 30分ちょいで新横浜! 駅ビルで崎陽軒のお弁当買って乗り込むのがいつものパターンよ!
・小机の方がもっと近いんだけど、駅からなんもないところ延々と歩くのが耐えられんのじゃよ……
・引き分けの今季初戦、押してた割にぽろっと負けた先の大宮戦との違いは、藤田の位置に菅沼駿を入れたところ。って、えっ、ウヨンのワンボランチで藤田抜き??
・駿が見られて嬉しいけれども、大丈夫かなーという一抹の不安を抱えながら、キックオフ。
・大丈夫じゃなかった。
・前半終了間際、左側からのFK。俊輔→中澤→栗原という、こうくるに決まってるデショ!!という黄金ラインで綺麗に決められて失点。
・しかし、そのすぐ直後、前半アディショナルタイム2分に駒吉→山田というこれも教科書に載せたいような綺麗な流れで得点!
・やだー、今日の磐田さんったらさすがじゃないの!と有頂天になりつつ、わたくしども左コーナー前から右コーナー前へと移動。
・最初に座ったところ、日陰でものすごい寒かったんだ……なまじっか日向が暑いぐらいだったから薄着してきちゃって、歯の根が合わなくなるぐらい寒かったんだ……。
・で、後半キックオフ。このサイドチェンジが運を逃した……わけじゃもちろんないんでしょうけれど、またもFKから華麗に失点。ぎゃー
・その上、ウヨンが赤紙くらって、もう何がなんだかなまま終戦です。日産でかすぎでマジでどうしてこうなったかよくわからんかったという。
・崎陽軒のお弁当食っても磐田さんが勝ったところを見たことがほとんどないので、そろそろ違う験担ぎアイテムを考えようと思います……それから、どんなに寒くても試合がいい展開のときは席を替わったりとかもうしません……。
・あと、今年のアウェーユニって正直、在りし日の日産FCそっくりなのね。だから、なんかこう日産対日産って感じなのね……。


ジュビロ磐田 2-0 大宮アルディージャ

・ナビスコカップ開始ですよ!
・つい最近、お見かけしたばかりの橙色さんと初戦ですよ!
・大宮駅で栗鼠サポさんを発見、氷川神社→NACK5へつれていってもらいました。いや、追尾してただけなんだけど。
・いちねんににどぐらいしかいかないアウェーのみちなんて、わからなくてとうぜんじゃよね?
・かつては大宮公園駅から判りやすい道を桜を愛でながら歩き、どこのゲートからも好きに入り、スタンドをぐるっと回ってアウェーゴール裏へ辿り着けたものを……俺たちの失ったものは大きいよ……NACK5見やすくて大好きだけれど!
・そんなこんなで愚痴りながら試合開始。
・前田・駒野・伊野波の代表トリオが不在なため、なかなかフレッシュな陣容です。つか、見たことねえ。金沢おらんかったら平均年齢二十歳そこそこと違いますかのー。
・しかし、その最年長・金沢が魅せる! パスまわすよ! ボールカットするよ! アシストするよ!
・で、前半15分、金沢→金園の貯金貯まりそうなラインで得点!
・ゾノはリーグでえらいこと外しまくってて怒られまくってたので、この一点が嬉しい。まじ嬉しい。
・そのわずか7分後には、山本→山田のなんか聳え立ちそうなラインで得点! 
・大宮さんとの試合は、いつもペースはこっちが作りパスもどんどこ回すけれども、気がつけば失点。で、その失点を大事に守られちゃってそのまま終わるってのが異様に多いです。
・つか、今年のリーグもほぼそのパターンで負け申した。が、先制しちゃえばこっちのものよ!! たぶん!!!
・後半、試合運びがだいぶ雑になってきてハラハラしましたが、なんとか凌ぎきって完封です、やったー! 今年初めて歌えた、「勝利は続くよ」です。
・磐田サポの康太愛はいまも途切れることがないらしく、試合前の選手紹介には拍手、試合後はコールが起きてました。栗鼠さんちでも愛されてるようですし、これからも元気でね、康太。
・お父様が亡くなっていろいろ大変だった康裕が得点してくれたのも嬉しかったです。みんなついてるから、どうか頑張ってください。
[PR]
頁とっぷ