今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
|
|
2007年 09月 29日 |
 寒さで目が醒めました。慌てて扇風機を仕舞いましたが、まさかこのあとまた残暑戻りとかないですよね、ないと言ってー。

・発売しました。
 しつけーな、ヲイと思われる向きもございましょうか、「暴風ガールズファイト」、発売でございます。
 京王線沿線にある啓文堂書店さんには、わたくしが手書きでメッセージ入れたPOPが貼られておるやもしれません(31店舗中10店舗ぐらいだそうなので、あなたのご近所のお店がそうかどうかは当たるも八卦当たらぬも八卦)(なんか用法違う)。悪筆で有名なので、どっちかというと申し訳ない感じで……がふっ。

・賢いお買い物
 ずっと欲しかったティファールの電気ケトルが壮絶な値下げをしていたので、尻尾振って購入しました。これがすっごい便利です!! 
 わたくしはちっちゃな茶壺一つ分の中国茶とか、蓋つきマグ分だけのミルクティとかちまちました単位でやたらめったらお茶を飲むので、わずかな水をあっちゅー間に沸かしてくれるケトルの頼もしさときたら、もう! 仕事がつまってきたときに、いちいち一階のキッチンに下りてちょっぽりだけお湯沸かすのも面倒だったしナー(それでなくても運動不足なんだから、階段の上り下りぐらいはしろってのはありますが)
 いまの住居はプロパンでガス代が割高なので、お財布にも優しい結果になるかもしれぬ!と有頂天だったのですが……昨日、こんな記事みつけてしまいました。
 そーか。だから大幅値下げしてたのかー。

・取材の置き土産
 うちにはあまりやってこないペリカンちゃんが、突然ご来訪。運んできてくれたのは、パスモのマークの描かれた箱です。
  「いったいなんだろー」と中を見ると、パスモの桃色ロボットのグッズでした。ハンドタオルやストラップ、マウスパッドなど計5品。なんでも、キャンペーン期間中に2回オートチャージして三万使えばもれなくくれるプレゼントだそうです。
 日頃は一ヶ月に1、2回電車に乗るかどうかってわたくしですが、この春から夏にかけては珍しくアクチブに出歩いてました。そのため、知らないうちに上記条件を満たしていたらしいです。
 「パスモ用のクレカは電車代以外使ったことないから、三万分も電車乗りまくってたのかー」とちょっと感慨深いです。
 ただ、このグッズ可愛いんだけれども……使うかナー、自分。使わない気がするナー。
[PR]
2007年 09月 27日 |
 ファミ通オンラインに、「暴風ガールズファイト」の情報が出ました~。
 いつになく大きく熱く取り上げていただいておりこんだけやってもらったのにダメだったらもう枝振りのいい木を探しに行くしかないとさっそくネガっております。
 キャラクター紹介や執筆のアレコレについてのインタビューなど、内容も豊富。是非、ご覧ください~。
[PR]
by shio_diary | 2007-09-27 11:22 | 業務連絡 |
2007年 09月 23日 |
 「ファミ通の公式サイトで画像出るまでは、勝手に宣伝しちゃダメ」との厳命を受けていたのでアップを避けていたのですが、何故か天下のAmazonさんちがフライング。い、いや、こんな木っ端物書きの本の予約取って下さるんですから、文句なんかございませんですが。
 で、マルルーちゃんに「あー、なんかもーいーや」と言われたので、わたくしの仕事ページも更新させましたです。それに伴い、イラスト担当の倉藤様のサイトにもリンクさせていただきました。

 最新作「暴風ガールズファイト」ですよ。
 ラクロスですよ。
 女子校ですよ。
 ミニスカですよ。
 とか思ってると、ちょっと「え?」とかなるですよ。
 表紙の「根性」の2文字が、すべてを語っているですよ。

 ともあれ、29日に発売です。連休明けには、ファミ通文庫のHPでプッシュ企画の記事とかも載るそうです。よろしくお願いします。
[PR]
by shio_diary | 2007-09-23 01:17 | 業務連絡 |
2007年 09月 20日 |
 気温の乱高低にすっかりやられてぐったりの佐々原です。
 いつも季節の変わり目には寝込むのですが、今年はそれが一回増えた感じでウンザリ。いいかげん諦めろよ、夏。

・エンターブレインのパーチーにいってきました
 数日前から天気予報を睨み、「最高気温28度以下ならば頑張って和装だ!」と決意。当日朝もそんな感じの予報だったんで、せっせと単衣の白塩沢なんぞを着込みました。
 が、玄関あけて外出た瞬間、「どうみても30度以上あるよ、ヲイ」ってな陽気。
 そのままいっちゃおうかとも思いましたが、パーチー会場で目ぇ回してマルルーちゃんに世話かけてる自分の姿がやけにリアルに思い浮かんでしまったため、そのまま家の中へ。
 玄関→廊下→階段→和室と逆回しに戻りつつ、帯締め→帯枕→帯→伊達締め→着物→襦袢→和装下着をあっちこち点々とさせながら、洋服に着替え直しました。「今日は絶対に事故死できねえ。こんな有り様の家を他人様に見られたら恥ずかしくて死ぬ」というなんか矛盾したこと考えつつ、ダッシュでゴー。
 幸い、割と早め早め行動だったので、パーチー開始には間に合いましたが、会う人会う人に「あれ、洋服? 着物じゃないの?」と聞かれたっす。来年はたとえ9月半ばでも麻とか絽でいいでしょうか、隊長っ!?(泣)

 肝心のパーチーですが、今年からガールズ系文庫が新設したせいか、女子率高くて華やかになってましたです。えんため賞の受賞者の方もいつになくお若い方が多くて、初々しさ倍掛け。旧知の方や、一方的にファンだった作家さんとかにもお会いできたし、楽しいひとときでございました。

  二次会にもちゃっかりお邪魔したのち、いただいた昨年度受賞作文庫一式のつまった紙袋を抱えて、ついでに秋葉原で大好物のタピオカミルクティーを買い求めて電車に乗ったところ……悲劇が起こりました。
 首にヘルニアを抱え、「重い物を持つのは厳禁」と医者に厳命されているわたくし、お土産の紙袋を網棚に乗せました。自分は吊革に掴まってちょっとウトウトしかけたその時、東武線突然急ブレーキ。
 紙袋が吹っ飛び、座っている人々の上にバラまかれるカラフルな文庫の数々。
 「いったー!」と悲鳴を上げてこちらを睨むおじさんが握りしめてるのは、井上先生の「バカとテストと召喚獣」でございます。その上、タピオカミルクティーのカップが床で破裂、あたりに薄茶の池を作ってるではございませんかっ。
 「すみません、ホントすみません」と謝りながら、わたくしは本をすべて回収、パーチー仕様の服振り乱し、手持ちの手拭い・ハンカチ・ティッシュを総動員させて床を拭き、それでも足りずに涙目になってたら、知らないおねーさんやおっちゃんが自分のティッシュを分けて下さいました。

 せっかくの御本をぶちまけてしまい、ホント申し訳ございませんでした……各先生方及び各担当編集者様方。それらの直撃を受けた電車の乗客ご一同にも、すみませんでした。ことにA5版が膝に落っこちてきた女性は大災難だったかと思います……うううう~(泣)。今後、いろいろ気をつけます……。

・HJ社「日本上空、いらっしゃいませ」第1回著者校終了
 順調かつ危なげなく進んでますー。雑誌の方もコツコツ書いてますー。

・和歌山の例のアレ
 イラストレーターが決まったらしいんですが、肝心の発売日がいっこうに告げられません。ホントに出るのかなー。

・仕事場に家守様、出現
 夜中。
 喉の渇きを覚えて階下のキッチンへいこうと電気をつけたところ、階段の天井からポトっと何かが落っこちてきました。すわ、ジェニファー来襲かと身構えたのですが、それはうっすらグレーのヤモリでした。
 爬虫類・両生類にはまったく抵抗がないわたくし、「わあ、可愛いっ」と喜んで追いかけていったのですが、あっちゅー間に物陰へ。
 それからも、二度ほど室内で遭遇してます。そのたび、すんごい勢いで隠れられてしまうのですが。台湾のヤモリは人間がいても悠然と壁に張り付いてましたが、日本のヤモリはシャイですなあ。
 ちょっと嬉しいけれど、ホントにジェニファーが出ても、絶対にバルサン焚けないぞ、ヲイ。

 ☆ジェニファー……あまりにも嫌いかつ怖いため、本名を口にするのすら憚られる、黒光りの憎い節足動物。北海道には出現しないって本当? あと、八本足の方々はマリリンと呼んでます。
[PR]
2007年 09月 12日 |
 9/8~9、岐阜へ旅行してきました。
 大学時代、ゼミも一緒でクラブも一緒だった友人が入院してしまったので、そのお見舞いに。

 その人は犬さんちのサポで、ここんところはスタジアムで年に一度会うぐらい。それがいきなり、「脳卒中で倒れた~。いま故郷の岐阜でリハビリ中~」という一報が入ってすんげー驚きました。我々の年代でも生活習慣がアレな感じだとなるんですなあ、脳卒中……しかし、話を聞くだに彼の生活習慣と自分の生活習慣にさほど差はなく……明日は我が身かもしれませんなあ、うう。自炊してるってとこしか違いがなかったですたい。
 「三週間も意識が戻らなかった」とかいう割に、ご本人は思ったよりも元気そうでしたが……一日も早く完治して、またスタジアムとか海辺のお祭りとかに戻ってきてくれますよう。

 以下、それ以外のことを、簡単に。

食の充実した旅を満喫。
 飛騨牛、鮎、和食懐石、ひつまぶしといろいろ食ってました。入浴後にふと体重計に乗り、「たいへんだ、この宿の浴衣、1.5キロもある!」と思わず叫び、同行者に、「現実から目を逸らすな、増えたのはおまえのミだ」と冷静に突っ込まれました、うう(泣)。

・不思議体験・まっぱでエレベーター
 泊まったお宿は、普通の大浴場と露天風呂が違うフロアにあるという造りで、その間にエレベーターが設えられています。「おそらくこの先何年生きても、真っ裸でエレベーターに乗るこたあるまいよ……」と、しみじみ。しかし、中にいるとき地震が起こったらと思うと恐ろしくてなりませんよ。

何故か鵜飼い漁を二度も見ました。
見学屋形船は既に満席で、「鵜飼いの里」とかのある方の岸辺で見学を試みたのですが、位置取り失敗。「ちっ、対岸の方がよかったわっ」と二回目はそちらで張っていたという。漁を終えて寛ぐ鵜をかぶりつきで見ましたよ! 前出の入院患者な彼@地元民には、「……それで面白いもんなの?」と不思議がられましたよ! いーじゃねえかよ、間近で見たかったんだよ、鵜!

・岐阜城から濃尾平野を臨む
  ドラマ「功名が辻」が好きだったので、はりきって登りました。「あの頃は稲葉山って言ってたんだよねー、ふふ」とかキモチワルイ思い出し笑いなどして。もんのすごい切り立った山で、あんなとこで戦争した人は本当にお疲れ様なことです。
 まったいらな関東平野育ちからすると、あっちこちにポコポコ大小のお山が顔出す濃尾平野は、なんだか不思議な眺めでした。
 可愛い栗鼠に餌もやりました。知らなかったけど、栗鼠って頭逆さまにして壁にへばりついた姿勢でも寝られるんだね……。

・お家に戻るまでが旅行です
 「名古屋で途中下車してひつまぶし食おうぜー」「手羽先も買っちゃおうぜー」という食い意地が裏目に出て、帰りの新幹線の中に150分余も閉じこめられましたーっ! わたくしたちが乗車して30分ちょっと後に名古屋-米原間がもんのすごい集中豪雨に襲われたそうな……。「9時には東京ついて解散」という目論見は霧散、結局、地元在来線は終電2本前つー有り様でした。

 けど、久々にのんびりと過ごせた楽しい旅行でしたよ!
[PR]
by shio_diary | 2007-09-12 00:14 | 日記 |
2007年 09月 04日 |
 また間が空きましたのう。
 せめて新刊出るまではアクチブに書きたいとか思ってるんですが、どうなりますかのう。

・「暴風ガールズファイト」、著者校アップ 
 あとは、後書きとか書けばほぼ終了~。
 表紙や口絵のイラストが上がってきました。すんごい可愛いです。帯に暴言スレスレのキャッチ・コピーがありますが、考えたのはマルルーちゃんですんで……はい(言い付けるし)。

・「日本上空、いらっしゃいませ」、著者校中
  発売日が一ヶ月延びたので、のんびりまったりトロトロと。しかし、一部ではまだ「10月発売」になってるそうな。友達に「またどっか怪我でもして延ばしたの?」と聞かれました。ち、違うから! 今度はわたくしのせいじゃないから! 営業戦力上の遅延なんだから!

・ワールドコン行ってきました
 世界中のSFヲタクが集まる祭典、ワールドコンへいってきました。
 初日と最終日は欠席、二日目はお友達の企画のお手伝い、三日目は難波弘之氏のコンサート、四日目は憧れの作家さんの講座とサイン会……うん、大好きなんですよ尊敬してるんですよ、デイヴィット・ブリン氏(「バトル・オブ・CA」上梓したとき、「佐々原さん、知性化シリーズ好きですか?」と聞いてらっしゃった読者の方、すごい。ちなみにときどき言われますが、実は「スタートレック」はいっこも見たことがございません……どこから手ぇつけたらいいのかもはや判らぬー)。大好きなイラストレーターさんにもサインいただいちゃったですよ、きゃほー。
 せっかくのワールドワイド・イベントなので着物きたり、久々に遠方の友達に会ったり、なんかアレコレ奢っていただいたりと楽しい数日間でした。体力が続かず、途中、会場のとなりのファッションビルで空き時間にマッサージ受けてきたっつーのが、トホホですが。
[PR]
頁とっぷ