今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
|
|
2008年 01月 31日 |
 今年の睦月も本日限りでびっくりしました。お、おかしいな。ほんのちょっと前に、年が明けたと思ったのにな。「微熱が続いて……とか書いたあとに何日もおくな、ドキドキするだろ」と友達に叱られました。ご、ごめんなさい。わたくしはまあまあ元気です。

・母、来襲
 仕事場大虐殺の幕開けです。
 次から次へといろんなもん捨てられました。楽しげにいろんなもんボコボコ処分するママンは、さながら殺戮に酔う蛮族の将軍のよう。わたくし、素マジでハライタ起こして途中で倒れました。

・お友達がたくさんやってきた
 「うちの冷蔵庫、でっかくてたくさん入るもーん」とか言ってたら、いつの間にか貰い物の酒瓶でパンク状態に。友人の一人が所用でやってくることが決まっていたので、どうせならとその人関連のお友達をいっせいに呼んで新年会に。
 一人一品持ち寄り制にしたところ、みんな一品どころじゃなくいろいろ持ってきてくれて、しかもゴージャス。おかげで、食卓大賑わいの素敵なパーチーになりました。「家にあった」と、牛のタタキだの紫芋のきんとんだのが出てくるのって、イイ年した大人の女ならではですよね。
 ただ、体調不良気味だったわたくし、途中でやはりハライタ起こしてリタイア。そのままホットカーペットで昏倒し、ふと目覚めたらあちこち酒瓶ゴロゴロ……なんだ、この地獄絵図ーっ! イイ年した女の部屋じゃないよ大学生の宴会後みたいだよ! てか、「今日は夜から雪だから、早めに集合解散ね」とか言って、昼の2時とかに集まったのに、なんで日本酒一升瓶&700ml、ワイン1本、果実酒1本、ビール4缶なくなってんだよー! おまえら、少しは衰えろよー!

・石川さゆりのコンサートいってきました 
 同行者は父です。小学生以来の二人っきりです。
 「滅多にあることじゃないから、気張って洒落めかすか」とひーひーいいながら着物一式担いで実家に戻ったのに、当の本人に「なんでそんな動きにくい格好を好きこのんで……」と呆れられました。まるきり無駄だったムスメゴコロ。たっかい中華料理奢ってくれたからいいけどさー。
  石川さゆりがトーク番組に出ているところとかまったく見たことがなかったので、なめらかに、かつ、面白い喋りに驚きましたですよ。もっと渋い声で渋い話し方するのかと思ってたのに、関東弁の浜田麻里みたいだったー!  最初、「三人娘」は山口百恵と森昌子とさゆりちゃんだったのに、途中に石川OUT→桜田INだったって、みなさん知ってたー?
 歌も当然よくって、よかったですよ! 生で「天城越え」が聴けて幸せです。どーでもいいですが、これって元祖ヤンデレ歌だよなー。好きな男をぶち殺すのは演歌女の定番ですよー。
 惜しむらくは神奈川県民ホールでかすぎ。13列目なのに、さゆりちゃんの着物とか帯の柄とかが判らなくて……オペラグラス持っていきゃあよかったっ!!

・久々に映画館で映画
 たかざっちと映画に。「I Am Legend」。 楽しみにしていた一本だったのですが、同じウィルス蔓延でアラたいへんって話なら、「28日後……」の方が好きかも。原作にあった「ダーク・シーカーの人間性がどーのこーの」って言うのは残した方がよかったような。
 ただ、映像はすごいですね。荒廃したニューヨークの様子は終末の美というか廃墟の美というか、なかなか圧倒的でございます。これ、現地をよく知る人が見るともっと「うっわー」て感じなんでしょうな。日本に置きえるなら、靖国通りに鹿がのし歩いてて、都庁前が草ボーボーって感じでしょうか。
 ちょっと出てきた脇役に着目して、「私だったら、あっちを主役にするね」「あー、あたしもそう思ったー」と嬉々として二人がかりでプロット練るあたりが物書きのサガですな。

・いまごろ「世界樹の迷宮」、はじめました。
 買ったまま積みっぱなしだったのですが、「やべー、もうすぐ2が出るっ」と慌ててプレイ開始。面白いですー。せっせと魔物を倒しては、新しい武器や防具が売り出されるのを楽しみにする日々。ただ、これ字がちっちゃくてすんごく読みにくいー。

・「日本上空いらっしゃいませ」、最終回
 ここまでなんとかそれなりにうまいことやってきたのですが、最後にドジを踏み、いろいろあって増ページ。す、すみませぬ……。文庫では大幅修正入ります、とほほ。
 ともあれ、初連載がいちおう完了してホッとしてます。文庫は予定通り4月1日発売です。た、たぶん。 
[PR]
2008年 01月 14日 |
 わたくしの生活ではさほど珍しいことでもないのですが、初仕事のため五日ほどお籠もりしておったら、外はいつの間にか厳寒でございましたよ。ものっすごい寒いのが嫌いなので、室内なのに吐く息が白いのを見たときはゾッとしました。「うわ、寒っ! マジで寒っ!」とかいいながら次々に服を羽織ってダルマのような姿に。肩が凝るー(大人しくストーブ点けろ)。

・初仕事アップ
 「50枚ぐらい、よゆーよゆー。〆切通りに終わる終わる」とノンキぶっこいていたのに、頼まれもしないのに69枚も書いて一日ぶっちぎり、さっそくマルルーちゃんの連休を台無しにするという極道な真似を。今年もこれか、今年もこんなか! いや、ホントに申し訳ございません……。「スイート」のキャラを書くのも久し振りなんで勘が完全に狂ってました。
 しかしこれを思うと、何年おきだろうときっちり書けるアダマスって……やっぱ変なんだなあ……。

・弟夫婦のご新居へ
  お正月に甥っ子1号が「あたらしいおうちにはね、おふろにテレビがあるのー」と自慢するので、「よっしゃ、オバチャンにも見せろや」と両親と犬まで伴って乗り込みました。お嫁様、すみません……。15櫂建てマンションの12階で、それはそれは素敵な眺望。いささか曇った日だったのに富士山のシルエットがくっきりと見渡せます。夏には江戸川花火大会見放題だそうな。ブラボー! 内装も白くてぴかぴかで素敵に綺麗です。自慢のお風呂テレビもそうですが、床暖房が猛烈に羨ましいです。

 手土産には、ご近所でちょっと評判のケーキ屋さんのゴージャスなロールケーキ。
 それで初めて気が付いたのですが、アルコールの使ってないケーキを買おうとするとけっこう選択の幅が狭められるものなんですねえ。日頃はなーんの知恵も使わず「わあ、これ美味しそう」ってだけで選んでますが、幼児のいるご家庭だとそうもいかず成分表をきっちり見て購入。子供のいない人間だとなかなか気が付かない視点です。ひとつ勉強になりました。

 それにしても、我が弟は姉と違って本当にしっかり者です。尊敬します。
 ちゃんとした企業勤務、美人嫁、二人の息子、持ちマンションまで。彼がごくまっとうに人生頑張ってくれてるので、姉はチャラチャラやってられるのだと思います(子供二人のうち一人がアタリとなれば親や親族も諦めるものです)。彼に迷惑かけないためにも、将来、うっかり死後ン日目とかで見つかるのだけは絶対に避けようと決意しましたYO(レベル低~)。

・そんなこと言ってる横で
 ここ10日ほど、微熱が出たり出なかったりの日々。
 節々が痛くて風邪かなあと思うときもあれば、そーでもなくただ熱があったり。なんなのざましょ。皇帝病?
[PR]
2008年 01月 09日 |
・ついにやっちゃった
 たかざっちとカラオケして、それから行きつけの飲み屋へ。
いままで「これだけはやべえ」と避けていた行為についに手を出してしまいました……それはマイ・ボトル・イン。
 や、ボトルと言っても梅酒なんですが。和歌山の緑茶梅酒が美味しくて、毎回喜んで飲んでいたら、女将さんに「そんなにそればっかり頼むなら、ボトルの方が安あがりよ」と言われて、ついつい……ラベルに自分の名前を書き込んだとき、「ああ、わたくしもまたひとつ大人になったわ……なんかダメな方向で」と言う気にちょっとなり申した。

・美人人妻と女流作家たちとの午後
  ……と書くとなんか無駄にえっちくさいですが、事実です。羨ましいだろ、やーいやーい!(誰に向かって言ってる)。や、珍しく同業者の方々と会ってきました。しかも女子限定。
 いつも出版社のパーチーでお会いしては、「いつか、ここ以外でも会いたいですね」とかなんとか言ってる割に、結局、一年に一度しか顔合わさないってことがたいてい。基本的に社交辞令があまり通用しない性格+できれば本当に会ってお話してみたいおもろいキャラの方がいっぱいなので、「よし、ならば」と自ら場をセッティングしてみました。
 
 予想通り、どちら様もハイパーでたいへん面白かったです。
 同時に、自分は勉強不足+ノンキすぎなんだなーってことも痛感しました。みなさんを見習ってもっといろいろと学ばねばなりませんのう。
 それと、自分がけっこう恵まれた環境で小説書いてこれたということも判りました。みんな、「わたくしだったら机ひっくり返すな」って仕打ちを受けつつも頑張っておられたのですなあー。エンターブレインさんちやHJさんちでは、そんな腹の立つことや理不尽な目にあったことがありません。感謝して励まねばなりませんね。

 ちなみに、パーク・ハイアットホテルのアフタヌーン・ティーをいただいたのですが、たいへん美味でしたよ。お茶もお菓子もー。
 眺望自慢のラウンジだったのに、天候がアレで窓の外が霞んでしまっていたのだけが残念です。「あらあら、この中に日頃の行いが悪い人がいるのね」という恒例の台詞を吐いたたった二秒後、その場にいたメンバーの中で「2007年、もっとも遅く入稿した人で賞」受賞者は自分だったことに気が付き、「すみませんわたくしです」とセルフ・ツッコミをする羽目に。
 それにしても、食い過ぎました。 
 あまりに美味だったので、延々と食い続けてしまいました。
 洋服の方々と同席してもあまり浮かないようにと地味なポリ着物着てったんですが、ゆるめの着付けにしていてよかった。ぎゅうぎゅうやったら、たいへんなことになったですよ……。
[PR]
by shio_diary | 2008-01-09 09:47 | 日記 |
2008年 01月 04日 |
 四日遅れで、あけましておめでとうございます。

 珍しくまったりと、実家で正月を過ごしてまいりましたー。
 ここ数年の正月というと、「仕事が終わらなくて帰省できない」「できても一泊二日のタッチ・アンド・ゴー」「天皇杯でそれどころじゃねえよ! 磐田のために日本中の正月禁止!」(最後のは人としてどうか)てな感じだったのですが、今年はのほほんのほほんと5日間。
 甥っ子たちと遊んだり、母と近所の百貨店の初売りに出かけたり、初詣でおみくじ引いたら「商い成れども益少なし」と出てまたそれかよ!今年もそんなかよ!ってな感じで、いろいろ楽しく過ごしてきました。
 
 しかし、特筆すべきは、紅白を見ながらパピィと「さゆりちゃんのコンサート、死ぬまでにいっぺん見てみたいねー」「僕も石川さゆりなら行ってみたいなあー」などと盛り上がり、元旦早々ネットでチケットをまんまとゲットしてしまったことです。
 よ、よく余ってたなあ。平日のマチネ・会場がでっかい神奈川県民ホールと、いろいろ条件がよかったからでしょうが、それにしたって。父と二人っきりでどっかいくなんて何年ぶりでしょうかのー。なんか緊張しますよー。

・そんな与太話はともかく、本年の仕事の案配
 予定しているエンターブレインの短編は、フェリオスでもラクロスでもなくて、「スイート・ホーム・スイート」です。掲載場所その他の詳細はもう少ししてからー。

・「日本上空いらっしゃいませ」
 こちらは4月発売でほぼ確定……の、はず。はず!

・和歌山取材にいったホラー
 もはや、本が出ないことこそが最大のホラーとなってるこの作品ですが、2008年も変わらず出版未定。もー、どうしましょうかのー。

 そんなこんなで、今年も馬車馬みたいに働きます。年後半の予定がいまんところまっちろなのが気になりますが、ええ、頑張りますっっ。どちら様もよろしくお願い申し上げます~。
[PR]
by shio_diary | 2008-01-04 18:58 | 日記 |
頁とっぷ