今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
|
|
2008年 06月 29日 |
 ナニワリンガル・牧生さんがまだ東京においでなので、デート。
 大好きな和服デザイナーさんがしばらく休業するとのことで、お休み直前の個展へ一緒していただきました。場所が神楽坂だったので、東京観光の一巻としてどうかなあ、と。さっそく迷っていろいろ台無しにしたけれども! だって、神楽坂なんてアトラス様のところに顔出したのとかあと数回しか行ったことないずら判らないずら。

 あまり物欲バリバリのタイプではないのですが、なんか入れてはいけないスイッチが入っちゃたらしく、個展の即売場でジャンジャンバラバラ色々買ってしまいましたのことよ……もう帯と帯留めは当分買わないと決めていたのに……っ! けど、すごくレアなバッグが見つけられたりして超嬉しかったす。もっとお金持ちになって、「右から左まで全部いただけます?」とか中村う○ぎ先生ちっくなこと言ってみたいですねえ(ちなみにお会いしたことありません)。

 お昼ご飯はユーロ優勝を祈願して?スペイン料理でした。神楽坂はフレンチとイタリアンの巣窟なのですが、いっぱいありすぎてかえってどーしたらいいのか判りません主よ。紀の善でお茶もしたし、神保町で本屋にもよったし、まあまあ充実していたでしょうかのー。
 何故か行く先々でわんこが繋がれており、それがまたお触り自由って感じで、いっぱい撫で撫でできたのが地味に嬉しかった! 一人暮らしで何が辛いって、わんこ触れないこと。大家さんちのわんこはいつまでたってもわたくしに吠えかかるし。いいところです、神楽坂! 

 しかし、あれです。
 7/1に初上梓となる牧生さんと話していたら、自分はいろいろと初心を忘れているところがあるなあとちと反省しました。物書きになった経緯が変わってるせいもあるのでしょうが、どうもスレててよろしくありません。気をつけよう……。
[PR]
by shio_diary | 2008-06-29 07:14 | 日記 |
2008年 06月 27日 |
 HJ文庫、ノベル大賞の受賞パーチーにお呼ばれしました。

 なんでも「日本上空いらっしゃいませ」も韓国版が発売決定したとか。で、「その版元であるソウル文化社の方々がご挨拶に来日中。ご紹介しますね」と担当氏から連絡が。
 「外国のお客様がいらっしゃるのなら、着物で行かなくてはダメだろう」と、気合いで白塩沢を着てみました。うん、暑かった……。
 しかも、出かける直前に帯が落ち、その上自分でそれを踏んづけるという悲劇が。「ひー、なんか汚れたぁっ! ち、違うのにしないとっ」と真っ青になって違う帯を巻き付けたです。しかし、着物つーのは帯が変わると帯揚げ、帯締め、帯留めとすべてのバランスをかえなくてはならんのですよ。全とっかえですよ。もうあっぷあっぷしながら頑張って、結果、10分遅刻いたしました。受賞者の皆様、ホントに申し訳ございませんでした……。
 なんでも、ソウル文化社さんはもう発売が決まっている「暴風ガールズファイト」をご覧になり、「日本上空」の方も出版したいと言ってオファーを出してくれたのだそうです。な、なんてありがたいお話でしょうか。このブログにも目を通して下さってるとか。すごく嬉しいです。

 他にも、「佐々原さんの本、拝見してます」とおっしゃって下さる方にも会いました……つーか、受賞者の方だったのですが。
 物書きというのはお客様の顔がすごく見えにくい仕事なためか、何年経っても自分の作品が市場に出回っているということがあまりピンとこないのです。昔、対面の仕事ばっかりしてたせいもあると思うのですが……。たまにこういうことを直接うかがったり、メールや手紙をいただいたりすると「ああ、ちゃんと自分の本も世間様に届いてるのだな」と、すごく安心します。ありがとうございます。 

 ナニワリンガル・牧生さんの勇姿も拝見できたし(DS当ててた……!)、いい時間でした。
 仕事がアレだったのと、前日寒くて下向くと鼻からなんか飛び出そうな体調だったので急いで帰ってきてしまいましたが、いろいろ心温まりました。しかし、昨年はタスクオーナさん、今年は牧生さんとどうしてわたくしの同行者はビンゴによく当たるんだ……自分は一回も当たりゃしないつーのに。今日なんて、リーチすらかからんかったようー!!
[PR]
by shio_diary | 2008-06-27 21:20 | 日記 |
2008年 06月 20日 |
 スーパーでアレコレお買い物をしたら、代金がぴったり888円でした。
 レジのおばちゃんと「おおお」と声をあげてみたり。
 「わあ、初めて見たわ。なにかいいことあるかもね」と言われて嬉しくなってみたり。

 たかざっちを引きずって、ちょっと先のイタ飯屋さんへ。
 先日の茄子の煮浸しに加え、昨日はめかじきのソテーをしくじり、「もう自炊やんなったあああぁぁっ」となりまして……いま、バターは超貴重品なのに、どっこにも売ってないのに。
 甲殻類いっぱい喰らって幸せになって帰ってきましたYO! けど、ここんところ粗食だったのに、いきなり詰め込んだから、ちょ、苦し……っ
[PR]
by shio_diary | 2008-06-20 22:29 | 日記 |
2008年 06月 17日 |
 拙作「暴風ガールズファイト」で大阪弁監修をして下さっていた、ナニワリンガル花房牧生さんがホビージャパン社HJ文庫にてデビューなさいます。昨年、こちらで賞をとってらしたんですよ、実は実は。発売日は7/1。とっても可愛いハートフル・ファンタジーですよ、みんな買えばいいと思います!
 ちなみに、牧生さんはネット上で抱腹絶倒のウェブ小説も連載されているので、そちらも読むといいと思います! もう超大好き! 読めばその日からあなたは、蜂のグッズが気になって気になって仕方がない人生を送れるYO!Robin

 f0129875_2153982.jpg
 
[PR]
by shio_diary | 2008-06-17 02:17 | 日記 |
2008年 06月 16日 |
 姉さん、事件です!(古典的)

 1.茄子の煮浸しを煮浸し過ぎて、ものっそいことに
 2.炊きたてお米満載の電子ジャー、大転倒
 3.プルーンのジャムをお気に入りのテーブルクロスにぶちまける

 1は、単に出汁と醤油の配合を間違えたのですが、茄子ってアレです。煮すぎると、なんかもうこの世の終わりを予感させるような壮絶な色合いになります。おまえが紫で生まれてきたことが、おかーさんもう信じられないわ!という、そんなカラーリングです。うあああ……
 2は、もうね。床にこんもり炊き立てご飯とか、どうしようかなってね。ただ辛いのみならず、フローリングに熱々の接着剤ぶち落としたようもんですよ。ひぃぃいい
 3は、欲張ってスプーン山盛りにしたら、「そんなっ、この世には重力ってものが! いやっ、あたし耐えきれないっ」て感じで、ジャムが瀑布のように落ちていったのでございます。正直すまんかった。

 食い物関係の話ばっかやんかと言われそうですが、だ、だって日本人だもんっ!
 領海侵犯されても流すけど、食べ物のことは流せない民族なんだもんっ!
 というか、イイ年なんだから、もっとこう注意力養おうよー、自分ー。いや、マジへこんだんですよ……(久々の連続更新がこんなのでいいのかと)(反語)
[PR]
by shio_diary | 2008-06-16 23:59 | 日記 |
2008年 06月 15日 |
 朝、昨夜の延長戦って感じで頑張って仕事してましたら、突如、視界がグラグラ。
 「あらー、そういや10時間近くナニも食べてないから、眩暈してきてもおかしくないよね」とかノンキに構えていたら、思いっきり地震でした。ボケててすみませぬ……被害に遭われた皆様にお悔やみ申し上げますと共に、一日も早く元の暮らしに戻れるようお祈り致します。

 で、仮眠。起きてすぐにタイ料理屋に出かけ、戻ってタイ戦。
 更にいま、ディスカバリーの着陸をリアルタイムで見てます。ネットで全部見られるとはつくづくすごい時代ですねえ……なかなか星出さんがお出ましになりません。
[PR]
by shio_diary | 2008-06-15 01:35 | 日記 |
2008年 06月 10日 |
 宇宙飛行士の星出さんとわたくしは同郷です。
 きっと彼も二子玉川のあの本屋さんで漫画買って、あの魚屋の角にいた犬に吠えられていたに違いないわーと、親近感もひとしお。
 なので、今度関東上空をISSが通過するときは、絶対絶対この目で見ようとはりきっておったのですが……ユーロのせいで昼夜が逆転、いつの間にか日付感覚も逸してしまい、一日間違えてたですよ! 今日が最後のチャンスだったのに、うええん! く、悔しい! あとはひたすら無事のお帰りを祈るばかりです。

・「きゃらの!」新連載は秋スタート
 いくつか出したプロットのうち、またもこちらの予想の斜め上のが通りました。漢・ホビージャパン、大好きです(笑)。さあ資料集めるぞー。女の子もりもり書くぞー!
 
・台湾版「日本上空いらっしゃいませ」
 あちらの会社の方にお願いをして、台湾版あとがきを特別に書き下ろさせてもらいました。個人的に縁のある国で是非伝えたいことがあったのと、タイトルからして日本文化どっぷりの本なので、ちょっとした解説みたいなことを……発売日はまだ未定とのことですが、決定次第こちらでも告知いたしますです。

・eb社、新シリーズ進捗状況
 さんぽすすんでにほさがる、みたいな。
 わたくしは夏発売をまだ諦めてません、ませんからねぇぇぇぇっ!

・一日一万歩計画継続中
 相変わらずなかなか一万歩には届かないのですが、晴れた日にはとりあえず。
 たかざっちはご近所のお店のおかみさんに、「あらあ、あなた痩せたわね」と言われてました。わ、わたくしはー? わたくしはーっ!?
[PR]
2008年 06月 06日 |
 今日、二人の偉大な先人がお隠れになられました。

 野田大元帥の作ったガチャピンとムックを見て育ち、彼の訳した数々のSF小説と、「銀河乞食軍団」を読んで青春時代を送りました。「キャベツ畑でつかまえて」を読んでテレビマンに憧れ、野田元帥に会いたいばっかりに、日本テレワークの入社試験も受けました(そして、当然、落ちました)。

 氷室先生は、モノカキ・佐々原史緒がもっとも影響を受けた作家さんです。
 少女時代、この方の作品を読んで、「口でお話するときみたいな文章で小説を書いてもいいんだ」「いろんな時代のお話を、いまの自分の言葉で書いてもいいんだ!」とショックを受け、見様見真似でお話を書きました。それがいまのわたくしのルーツです。
 「冬のディーン・夏のナタリー」「銀の海 金の大地」「碧の迷宮」の続きを、待ってました。
 ずっとずっと待ってました……。
 
 このお二方がいなければ、きっといまのわたくしはいないと思います。それぐらい、わたくしの人生にとって大きな人たちでした。

 悲しいです。ただただ本当に、悲しいです。
 安らかなご帰天を心からお祈り申し上げます。
[PR]
by shio_diary | 2008-06-06 22:11 | 日記 |
頁とっぷ