今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
|
|
2009年 07月 22日 |
 みなさんは日食をご覧になりましたか?
 わたくしは珍しく午前中に頑張って起き上がり、眠い目こすって空を見上げていたのですが、結局、雲が切れたのは日食終わった12時半をぐっと回った後でした。く、悔しい……! それにしても、ほんの子供の頃、「日本で皆既日食見られるのは、2009年かあ。うわ、すっげ先! 想像つかない!」 とか思ったものでしたが、ちゃんと生きてこの日を迎えられたよー。26年後はちゃんと晴れるといいですね。

 それはそうと。
 エンターブレインさんの夏のフェアにサイン本がいるとのことで、けっこう前にそれ用の本を送っていただいていたんですが、佐々原さん、本日ペラジーちゃんから電話をいただくまで、何もかもまるっきりきれえさっぱり忘れていたっちゅー……!
 「えっ、ちょ、いつ〆切でしたっけ?」と訊ねたわたくしに、爽やかに「昨日です」とお答え下さる担当氏ったら、面白いですよ! なんのプレイ!? ごめんオバチャンこれからしっかりする……(泣笑)
 更に、「バイク便手配してます」と末恐ろしいご厚意を申し出られて、心臓キューとなりました。
 バイク便。
 それは……選ばれし民だけが使える、業界のコンコルド。首都圏内だけだったら、何者よりも早いが、その分、お値段激高いです。ネコさんペリカンさんとはケタが一つ違います。かつて、わたくしの在籍していた会社では、バイク便使う=スケジュール調整失敗=無能の烙印=始末書モノという負の方程式が存在しておりました。おかげでいまでも、これ使うと言われると毛穴開きます。
 
 で。
 頑張って、黒猫さんにギリギリ滑り込みましたのことよ。
 業界一ちょう簡単なサインにしておいた、十数年前のわたくしグッジョブ!
 問題は、いつも失敗ばっかりして、かすれたり削れたりしてしまうハンコ。
 ですが、人間の火事場の力とは侮れないものでございます。時間かけて心をこめて押したこれまでのどれよりも、成功率高い10冊が出来上がりました(手に負えないほどの失敗一冊、オチャメで済む範囲内3冊、残りほぼ成功)。なんか二重に申し訳ない気持ちになりましたよ……本当にすみませんでした。
[PR]
by shio_diary | 2009-07-22 23:44 | 日記 |
2009年 07月 21日 |
 f0129875_2391766.jpg
 4/14の日記に登場した木槿の鉢植えが、このたびめでたく花を咲かせました!
 色は白でしたよー。ご近所の木槿に比べると、やや花が小降りな気がしますが、とても可愛らしいです。12月から4月上旬に至るまで、まるでただの棒みたいだったのが嘘みたい。まだ蕾が2,3個ついてますので、これからが楽しみです。

 水鉢の方ですが、いまのところお亡くなりになる方はいません。
 それどころか、ちっちゃなメダカの稚魚がふよふよと水面に漂っていました!!
 メダカは可愛い顔してあいつ割とやるもんだね系で、放っておくと自分の卵や稚魚を食ってしまうのですよ。これまでもメスのお腹に卵がくっついているのを何度か見かけたのですが、産み付けられた卵も見つけられなければ、稚魚もいないつー状態でございました……たぶん、わたくしが見つけるより早く食ってんですよな、とほほ。
 今日こそ絶対稚魚を救ってみせるわ!と、急いで用意していた他の容器に移しました。いまのところ、三匹救出成功。
 あと、エビの赤ちゃんもみつけたんですが、わたくしが行動に移すよりも早くメダカに食われてしまいました……ああ、うん。美味いもんね、エビ。わたくしも好物ですよ……。

 それと、ラムズホーンなる貝を入れておくと、苔はもちろんメダカやエビの糞も食べてくれるよ&こいつは水鉢から脱走しないよという情報を教えてもらい、さっそく取り寄せてみました。ものっそい増える手に負えないぐらい増えるという話なので、まずは一匹だけ……。ピンク色したカタツムリみたいで、すごく可愛いです。しかし、意外にスピーディーであっという間に、バコパの林の中に消えてしまいましたよー。
 あと、ドジョウをおすすめして下さった方もあったのですが、わたくしの水鉢程度の広さ&植物や土の質では、ドジョウは養えないらしいです……残念。教えて下さった方々、ありがとうございましたー!
[PR]
by shio_diary | 2009-07-21 23:21 | 日記 |
2009年 07月 16日 |
 メダカがまた一匹お亡くなりになってしまいました……
 6匹いたのが半分ですよ、なんという死亡率!!  メダカの体に障らぬ程度に毎日水は換えているし、エアを送り込むための水草も常備、換える水は日を置いてカルキを抜いた水にメダカ専用のカルキ抜き薬まで使って、更に水温が上がりすぎないよう簾で日光の遮断も心がけ……心当たりマジないんですよ。
 しかし、もう「何が悪かったのかしら」とか言ってる場合じゃねえと、めっちゃネットの海を彷徨って、原因究明に励んでみました。

 で。
 「水鉢起ち上げ時に、餌をいっぱいやる=毒殺」
 という、魔の方程式を発見……
 いや、知ってたんですよ。「餌をいっぱいやっちゃダメ」てのは。
 だから、朝夕、メダカが1分・2分で食べきれる程度の餌をパラってあげていたのです。餌が水中に残って水質悪化を招いたらいかん、と。そう思って。
 が、これがそもそも大きな間違いだったらしいです。

 餌をやる→食べた分だけ、メダカが排泄する→水中のバクテリア、頑張って糞を分解する→また餌をやる→やはり食った分だけ排泄する→これを繰り返す→しかも、新たにエビ軍団登場→同じように食った分だけ排泄する→バクテリア「すみません、限界です」→水質悪化→ご愁傷様でございました……

 つまり、水鉢の中でバクテリアが超満載になるまでは、一回にあげる量を少なめにするのではなくて、心を鬼にして餌をあげる回数自体を控えないといかんかったのです(泣)。バケツ暮らし時代(つまり、バクテリアなんかいねえ)の方がみなさん揃って元気だったのは、ちょっとでも糞を見つけたら、わたくしがすぐさまスポイトで吸い上げていたから、らしい。
 それで更に思い当たったのですが……3匹目の犠牲者が出る前日、わたくしはものの本で「アブラムシはメダカのいい餌になる」と知り、ミニバラの鉢植えについていたアブラムシをどんどこ捕っては、「ほーれほれ、みんな食べろー」とメダカにせっせとあげていたのでございましたよ。みなさん、思わぬご馳走にもう大喜び。栄養満点の生き餌を思うさま食らったメダカは、結果、こうして帰らぬヒトになったわけですね……わたくしの読解力のなさの犠牲になった三匹には本当に申し訳なかったですっっ(土下座)。
 急いでバクテリアを増やす薬液を買ってきて投入しました。これで少しはマシになるといいのですが……。

<業務連絡>
 「三ツ星」の三巻第二稿、無事に編集部オッケーもらって次の行程へ。たぶん一週間かそこら後に赤ペン先生して、それから入稿です。
[PR]
2009年 07月 11日 |
 世間はドラクエで熱くなっている最中ですが、わたくしは珍しくまだ購入してません。ドラクエに飛びつかないなんて、いままで初めてと違うか? DS版の幻想水滸伝にもまだ手をつけてないし、ペルソナは相変わらずトランペッターが作れないままだしで、ちょっと自粛。べ、別にどこ探してもDSの充電コンセントが見つからないとかそんなんじゃないんだからね!!(語るに落ちとる)

 二匹のメダカが立て続けに天へ召されてしまいました。いま水鉢の中は4匹のメダカだけです。しょんほりです。いったい何が悪かったのかしら……
 そんな折、友人の家に苔取り名人・ミナミヌマエビをもらいにいってきました。ベランダ水鉢園芸の先輩である彼女は、ベランダでクロメダカとヒメダカを各一匹ずつ、それにどえらい量のエビちゃん軍団を飼っているのでした。
 お土産は磐田の茶野さんおすすめの白鯛焼き。何故か新越谷にもお店があったのでしたよ。モチモチしてて美味しいですよー。
 
 「うちのメダカが二匹も~」と泣きついたところ、「自分のところでもけっこう死んでる。細心の注意を払っても、どうしても弱い個体は亡くなるもの」とのことでした……シビアなものなんですのー。
 ちっちゃな水槽にいっぱいのウィローモスとエビちゃん12匹、あと株分けしたパキラなどもいただきましたです。
 家に戻り、三時間半かけて水合わせしてメダカたちの水鉢へ入れました。シャイネス軍団らしくなかなか姿を現してくれませんが、鉢底に沈めた素焼きの鉢の中の苔は一晩にしてなくなっていました。仕事早いー! この調子で水鉢の中をきれいにしてくれますようにー。あと、複数の生体を入れた方が水質も安定すると言いますし、これで残りのメダカも元気になってくれるといいのですが……。
[PR]
by shio_diary | 2009-07-11 18:20 | 日記 |
2009年 07月 08日 |
 とりあえず、三ツ星三巻初稿アップ。
 担当チェックでボッコボコになって戻ってきそうな気もしますが……とほほ。あと数日早くあげてられれば、広島戦いけたのに。自分のバカ。

 ちょうどいいタイミングで晴れていたので、メダカ用品を買いに、浦和美園のショッピングセンターへ。
 しかし、天気はいいのですが、えらい強風です。見通し抜群左右は広大な田圃、けっこうな向かい風から遮るもの一つとてないバイパスといういかにも辛そなルートを避けて、住宅地の中の脇道をちょこちょこ通るルートを選択しましたところ、本来ならば右手前方にあるはずの目印・埼玉スタジアムがいつの間にか左手後方にあるという不思議現象が……!

 「え、ちょ、マジで!? いつどこで間違えた!?」と慌てて戻ろうと辿った道は、見通し抜群左右は更に広大な田圃、もろ向かい風のしかもえらい狭い道で、すれ違うトラックから受けるプレッシャーと、吹き付ける強風と戦い抜かなくてはなりませんでした……バカの考え休むに似たりの典型例でございますね。
 目的地に着いたときはもうへろんへろんでしたよ、とほほ。まあ、帰りは超追い風でスイスイだったし、上空を横切っていく飛行船も見られたので、すべてよしといたします。
[PR]
2009年 07月 01日 |
「ドラグーンデリバリー 竜の背はまごころを運ぶ」が本日発売されますー。

f0129875_13115147.jpg

 イタチっ娘ブームを狙った超話題作!……とか言ってるのは作者一人だけですが、まあわたくし一人しかいないので唯一絶対大手なのには間違いありませんナー(泣笑)。
 啓文堂書店府中店さまにはサイン本が、渋谷店さまと新宿店さまにはPOPが置かれていると思います。お見かけになられましたら、どうぞよろしくお願いいたします。 
[PR]
by shio_diary | 2009-07-01 13:15 | 業務連絡 |
頁とっぷ