今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
|
|
2014年 09月 29日 |
 発売日は今日なのに、「もう手に入れました」って報告がチラホラ来て、「都会っこめー」とわたくしが羨むというのが既に様式美になりつつあります。が、同じ埼玉県下&自分のところとだいたい似たような規模の市の友人が「土曜に買ったよー」と報告をくれて、なんかすっげ負けた気になっております、佐々原です。そして、最寄り駅前のちっさい書店では今日もあたいの本はないんだ! 知ってる!!

 そんなこんなで「見習い神官レベル1 ~亡き姫君のための狂想曲」本日発売でございます。
 いろんな人がいろんな形で少しずつ成長している、そんな三巻です。
f0129875_12304938.jpg

 既にオンライン上に掲載済みのアフェク先輩の短編ともども、どうぞよろしくお願いいたします。実はこの短編、当初は掲載の予定も特になく個人的な楽しみのためにちまっと書いたものを、担当さんが惜しんで下さって、こうして陽の目を見ることができました。ありがとう、リムリーちゃん。

 こうやって、誰に見せるわけでもなくちまっと書いた(ちゃんと完成してたりしてなかったりという形の)短編がいろいろあったりします。師匠とトパァズのちっちゃい頃の話とかその後のお話とか、オニキスとその旦那ラピスラズリのあれこれとか、ラクロスの長谷川さんのサッカー部時代の日常話とか、カソリック号の引退式の話とか。以前、まとめて同人誌にしようとしたことがあったんですけど、大震災が起きて気分的にそれどころでもなくなって、そのままお蔵入り。こうやって商業上の場で陽の目を見せていただけることは稀ですので、いつか自力でまとめたいものですなあ……たぶん電子書籍のお勉強するのが一番いいんだろうなあ、うわあ(メカ音痴)。 
[PR]
2014年 09月 26日 |
 やあ、ハニーたち。めっきり秋ですね! 
 ご存じの方はご存じかと思いますが、ここ数日おれたちの磐田がエライことになってて、毎日アワワワとなってます。も、もう秋なのに……去年は紅茶、今年はビールを断って我がチームの勝利を祈ってますが、来年うっかりアレしてコレしたら、何を断てばええんでしょうか? ついに五穀か!?

 それはそうと、本題です。
 本日、「見習い神官レベル1」の短編が予定通りFB Onlineにて掲載されました。暴虐王アフェク先輩が塔に入った頃からのお話「さよなら 眩耀」前編。語り手は本編には登場しない、彼の同級生ハーカン・レザスさん(18)です。ヨシュアよかある意味苦労した人かもしんなーい……。
 来週月曜29日発売の「見習い神官レベル1 〜亡き姫君のための狂想曲」ともどもよろしくお願い申し上げます!
f0129875_12463193.jpg

[PR]
by shio_diary | 2014-09-26 12:49 | 業務連絡 |
2014年 09月 20日 |
 もういい加減、ブログの出だしが「お久しぶり」とか「ご無沙汰しております」とかそーいうので始まる人生、やめよう? ついでに言うと、メールも手紙もほとんどソレだよね、アンタって人は!と鏡に向かって呟く今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか?

 原稿執筆中は軽自動車にぶつかってみたり、ひっそり病院へ担ぎ込まれてみたりと地味にあれこれあったわたくしですが、今年は順調に夏→秋の切り替えが行われたこともあり、現在はまあまあ元気でございます。
 が、通常の三倍はすごいため「赤い彗星の母」と渾名されたうちの母が、ここのところ深刻なエラー続き。「見習い神官3巻」の校正だー短編だー色校チェックだーと慌ただしい時期にも拘わらず埼玉-神奈川を往復しとりました(つか、現在進行形)。
 そんなアレな佐々原家(仮名)周りですが、担当編集のリムリーちゃんとイラストレーターのせんむ様、以下デザイナーさんとか印刷所さんとかみなさん変わらず有能であらせられるので、「見習い神官」の3巻が無事に出来上がって参りました、ドヤー!
f0129875_13102454.jpg

 さっきクロネコちゃんが届けてくれたてですよ、新鮮ですよ! しかし、残念ながらアレなデジカメの性能とわたしくの写真の腕では表紙の美しさが伝わらないので、もういっちょ。 
f0129875_1314213.jpg

 いつもより1日早い9月29日に発売でございます。みなさまよろしくお願い申し上げます。
 また、それに伴いまして、9/26配信の「FB Online」に、また短編小説が掲載されます。春先に連載していたものの再掲に加え、新作短編が前後編で掲載予定です。内容は、またもヒロインやら女子キャラやらを押しのけて、目下の一番人気であらせられるアフェク・ユハス先輩のお話。『星紺の塔』に入学した当時11才のあれこれなんかを書いてみました。併せてよろしくご笑覧下さいませー!

 そういえば、あれだな。あたい、「きっと、この本が出る頃には磐田さんが勝ち点70ぐらいいってるはずよ! がんばれじぶん!」とか思いながら書いてたんだぁ……(遠い目)(やめよう、思い出で自分を痛めつけるのは!)
[PR]
by shio_diary | 2014-09-20 13:15 | 業務連絡 |
頁とっぷ