今日も、顔色の悪い鳥のように

unapara2.exblog.jp
ものかき・佐々原史緒の日々の暮らし
by shio_diary
プロフィールを見る
画像一覧
2007年 04月 27日 |
  一駅先の呉服屋さんで、超特価で単仕立てをしてくれるフェアを開催してるのを発見。
 もらった紬の着尺を持ちこんで仕立ててもらうことにしました。保存状態があまりよろしくなかったものらしく、黴取りしてからの仕立てを進められ価格がかなり変わってしまいましたが、それでもまだお安い。
 何より、自分のサイズをちゃんと計ってもらって、尺で把握することができたのが大きいです。いままでは、洋服のサイズからなんとなく割り出したサイズでしたからねー。これで、ネットで着物仕立ての注文とかもできるようになりますよ。

 それから、たかざっちとカラオケいってイタ飯食べて、のんびり過ごしました。すごい久し振りだ、こんなの。まあ、ゴールデンウィークはほとんど取材で出ずっぱりなので、その前に一息という感じでございました。
[PR]
# by shio_diary | 2007-04-27 13:14 | 日記 |
2007年 04月 26日 |
 なんか気が付くとまたいっしゅうかんとかたってるよ! 忙しかったよ! 別にペルソナ3フェスやっててブログどころじゃねえとかそういうんじゃないんだよ! ホントだよ!

・ノベルジャパン誌7月号原稿アップ
 セカンドシーズン第二話目。半日遅れながらも、無事アップ。「短編ならまず遅れない」が売りだったというのに、それすら危うい今日この頃。生きててすみません……。

・大阪からお友達がやってきたヤアヤアヤア
  「是非泊まっていって」と自分から言ったというのに、お友達がくる前日に突然、トイレのドアが開かなくなるという悲劇に見舞われました。「全部閉めると危険だから、ちょっとだけ開けておいてね」とか言われた友人の心境はいかばかりか。とほほ。
 翌日、秋葉原でかき氷食ってゲーム屋覗いて上野のブラッスリーでご飯食ったらそれだけでイッパイイッパイ。今度はもうちょっと東京観光らしいところへご案内しなくちゃなー。

・浅草めぐり
 先日京都で買ってきた鼻緒をずっとほったらかしにしていたので、お友達と浅草の某履き物屋さんにいって草履をこさえてきました。わたくしが着物隊長と敬愛する方に台を選んでもらって、とってもキュートな草履のできあがり。う、嬉しいー。
 友人の一人は染め直し+仕立て直ししたという着物を装備済。、それがすごくしっくりしていて素敵でした。わたくしももっと自分に合う、こなれた着方したい。精進いたします。

・eb社新作のため精力的に取材中
  頑張って仕込んでます。これまでとはいささか傾向の違う話になりそうなので、いろいろ大変です。夏までに形になったらいいなあ……。
[PR]
# by shio_diary | 2007-04-26 05:36 | ごちゃまぜ |
2007年 04月 17日 |
 開始早々、間が空きました。
 なのに、レポートみたところ毎日ちょっとずつでも訪問して下さっている方がいらっしゃるようで、ホントすみません。とりあえず、ここのところのわたくしの動向をば。

・和歌山取材のアレ、ようやく第一稿アップ
 本当は3月中には上がってなくちゃならなかったのですが、両親が相次いで入院だ怪我だとアワワな感じで、押せ押せに。しかし超アウェイの原稿なので、まだ詳しいこと書いていいのかどうか判らんですたい。とりあえず、発売日確定したら詳細載せます、はい。

・「スイートホームスイート」の打ち上げにいってきました。
 イラストのカヅキ・レンさんと現担当のマルルーちゃん、旧担当ピコリーちゃん、それと同じレーベルの作家さんとイラストレーターさんという6人体制。
 とてもクレバーな若者たちに囲まれて、わたくしが話していたことときたら、学生時代に蟹に手を切られたり鮭に押し潰されたりして死にかかったっちゅーバカな体験談……なんか間違ってないか、最年長?
 楽しい会でしたが、途中でお気に入りの帯留め落としてしまい、それだけはがっくりです、とほほ。気が付いたら金具しか残ってないんだもん、うえーん(泣)。

・「コンフィダント ~絆」を観てきました。 
 またもママンのリクエストにお応えして激戦を勝ち抜き、チケット取っていってきました。
 そして、またも物作りで悩む人たちの複雑な友情物語です。喜劇だっちゅーのに一人で泣いてましたよ。
 それにしても。
 いるんだよなあ、この作中のゴッホみたいな奴さー。自分には才能あるって実は確信してるくせに、「俺はもうダメ、才能ないんだ」っつって「そんなことないよ」って言われたがるってのがさー。正直、ウザさ最高潮。しかし、こういうこと言う人に限って、そのウザさが愛嬌になるってタイプが多いんですよねえ。何故か。ずるいったらございません。
 ちなみに、自分でも一回やってみたことあるんですが、マルルーちゃんに「そんなこと僕に聞かれたって判りませんよ」と冷たく瞬殺され、ウザさを愛嬌に結びつけられるタイプではないのだと確信しました(笑)。

・今年のツバメは現代っ子
 去年やってきたツバメ夫婦はなかなか用心深く、人んちの軒下で生活している割には窓辺になどけっして近寄ってきませんでした。
 しかし、今年のカポーはえらいフレンドリーつーか物怖じしないつーか、平気でわたくしの家の物干し竿やらベランダの手すりやらでイチャイチャしてます。おーい、窓のすぐ横にわたくしいるんですが、いいのかー? 距離にして一メートルちょいぐらいしか離れてないぞー??
 もしかして、このヒトたちのどっちかが去年のみそかすっこちゃんが成長した姿なのではないかしら……。
[PR]
# by shio_diary | 2007-04-17 20:38 | ごちゃまぜ |
2007年 04月 12日 |
 フェレットを始めとする小動物を虐待・殺傷して、その動画をばらまいた極悪人が逮捕されたとか。業界一のいたちスキーとしては、もう激怒ものの大事件でございます。なんかもう、ホント……っっ

 それにしても、逮捕された森山つー人は大学院まで出て大企業に勤める俊英だそうですが、「小動物に自我はない」なんてことをホザいてるようで。
 そんな馬鹿な。
 自分で飼っていれば、フェレットがどれだけ表情豊かで自我もしっかりある生き物かちゃんと判るでしょうに。むしろ、わたくしなどはその自我がどえりゃーあるツンデレなフェレットに振り回されてどんだけ大変だったかっっ

 いったい今までの人生で何を学んできたんでしょうかねえ、この人。
 つか、自我があってもなくてもむやみやたらに生き物殺しちゃいかんでしょうよ!! いい大人が! 分別あるべき人が! 「自分より弱いもの劣ってるものは殺してもいい」という人は、やがて、「自分より劣ってる人は殺していい」ってとこに着地してしまいがちで、それがまた怖い(逆に、「人間並みに頭いいから、鯨とかイルカ食べちゃダメ」とかいうのも同じところに根がある気がして、たいそう恐ろしい。「可愛いから殺さないで」というならなんか判るんですが)。

 こういう事件が起きるたび、本当にやりきれない気持ちでいっぱいになります……。
[PR]
# by shio_diary | 2007-04-12 03:31 | 日記 |
2007年 04月 06日 |
 朝日の差し込む仕事部屋、「うー、そろそろ寝るかな。目ぇしばしばしてきた……」とアンニュイに過ごしておりましたところ、外から懐かしいあの声が。

  「ウキュウキュチュギッギュー」(そう聞こえる)(「虫食って土食って渋いぃ~」は無理じゃろ……)
 はっとして窓に飛びつくと、なんとそこには懐かしのツバメ夫婦の姿が……! 
 イャッフー! 本日を以てツバメ防衛軍(総員一名)2007、結 ・成!

 それにしても、今年はずいぶんと早いですねえ、暖冬のせいかしら?
 ものすごく嬉しいのですが、彼らの巣はわたくしのメゾネットの玄関ではなくお隣さんちの目の前(軒は思いっきり繋がってるんですが)。
 つい先月までそこに暮らしてらしたのは単身赴任のおとーさんで、「あのー、ツバメを守るために蛇避けつけたいんですが、いいすか?」「ちょっと匂いがアレなんですけど、木酢液振りまいていいすか? もちろん、あとで掃除は私がします」と何を聞いても、「いいっすいいっす」と極めて鷹揚に構えて下さいました(お互い生活時間が違い過ぎるので、玄関文通状態ででしたが)。

 しかし、そんな彼も桜と共に彼は去り、現在、お隣は空き家。
 ここ数日、掃除とか畳の業者の人らしい人影が出入りしてるので、間もなく誰かが入居してきそうな案配です。
 どどど、どうしよう。
 次に越してくる人が神経質な人だったり、動物嫌いだったりしたら。あと、巣を作ってる最中に人間がやたらどったんばったんしてると、「なんか落ち着かないから、よそいこう」とかいって燕がどっかいってしまうってパターンもあるそうで。
 ああ、次に越してくる方が前のおとーさん並に鷹揚な人でありますように。そんでもってできれば、卵が孵ってちょっと落ち着いた頃ぐらいに引っ越ししてきてくれますようにー。
[PR]
# by shio_diary | 2007-04-06 09:22 | 日記 |
頁とっぷ